名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科:乳腺-診断
名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科 ・ 名大病院へもどる サイトマップ トップへ戻る ・
・
・
・
診察内容のご案内
扱っている病気
乳腺
甲状腺
副腎
副甲状腺
多発性内分泌腺腫瘍症
膵内分泌腫瘍
Q&A
乳癌
甲状腺癌
副腎
副甲状腺
多発性内分泌腺腫瘍症
膵内分泌腫瘍
その他
・
文書類閲覧
・
リンク集
・
手術を受けられる患者様へのお願い
・
・
このページをご利用の方へ
・

トップ乳腺とは>診断

前のページへ戻る

診断

乳腺の主な検査法は視触診、マンモグラフィ、超音波(エコー)、細胞診の4つです。乳房にしこりを触れる場合、視触診、マンモグラフィと超音波、細胞診の順にこれら4つを全て行うことが原則です。これら4つで診断がつかない場合や互いに矛盾する結果が出る場合には、生検(組織診)が必要となります。なお、腫瘍マーカー(血液検査でわかる数値)では乳癌の早期発見はできません。

どんなベテランの医師でも、触っただけで癌か良性かの診断を正確につけることはできないので、触診だけで「大丈夫」と言われても安心してはいけません。視触診だけではみつからない乳癌もあるため、自分では異常ないと思っても、マンモグラフィまたは超音波で確認しておくことが望ましいと考えます。

視触診

マンモグラフィー

乳腺超音波検査

穿刺吸引細胞診

針生検

マンモトーム

外科的生検

乳腺MRI、CT

乳管造影

乳管内視鏡

・
・

Copyright© 2005, Nagoya University Hospital. All rights reserved.

医師紹介

病棟紹介

外来案内

入院案内