名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科:乳腺-治療-ホルモン療法の適応
名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科 ・ 名大病院へもどる サイトマップ トップへ戻る ・
・
・
・
診察内容のご案内
扱っている病気
乳腺
甲状腺
副腎
副甲状腺
多発性内分泌腺腫瘍症
膵内分泌腫瘍
Q&A
乳癌
甲状腺癌
副腎
副甲状腺
多発性内分泌腺腫瘍症
膵内分泌腫瘍
その他
・
文書類閲覧
・
リンク集
・
手術を受けられる患者様へのお願い
・
・
このページをご利用の方へ
・

トップ乳腺とは治療>ホルモン療法の適応

前のページへ戻る

ホルモン療法の適応

原則として乳癌が女性ホルモンに反応して増殖するタイプであることが判明した場合です。これは切除した腫瘍を調べることによりわかります。
術後に再発予防として使用する場合と再発してしまった場合に使う場合に分かれます。

再発予防の場合

閉経前ではタモキシフェン(ノルバデックス®)を5年間使用することが標準的となっています。再発のリスクが高いと考えられる患者さんにはLH-RHアゴニスト(ゾラデックス®)を2年間併用します。閉経後は以前はタモキシフェンを使用していましたが、最近欧米での臨床研究でアロマターゼ阻害剤(アリミデックス®やアロマシン®)の方がより再発予防効果が高いことが示されつつありますから、状況に応じてこれらの薬に切り替えてきています。

再発の場合

最初の手術の時に切除した腫瘍が女性ホルモンに反応するタイプであることがわかっている場合は閉経前であればゾラデックス®+ノルバデックス®の併用、閉経後であればアリミデックス®を使用します。

・
・

Copyright© 2005, Nagoya University Hospital. All rights reserved.

医師紹介

病棟紹介

外来案内

入院案内