名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科:乳腺-治療-ホルモン療法(一般的な説明)
名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科 ・ 名大病院へもどる サイトマップ トップへ戻る ・
・
・
・
診察内容のご案内
扱っている病気
乳腺
甲状腺
副腎
副甲状腺
多発性内分泌腺腫瘍症
膵内分泌腫瘍
Q&A
乳癌
甲状腺癌
副腎
副甲状腺
多発性内分泌腺腫瘍症
膵内分泌腫瘍
その他
・
文書類閲覧
・
リンク集
・
手術を受けられる患者様へのお願い
・
・
このページをご利用の方へ
・

トップ乳腺とは治療>ホルモン療法(一般的な説明)

前のページへ戻る

ホルモン療法(一般的な説明)

乳癌、前立腺癌などに特徴的な治療法で、女性ホルモン(エストロゲン)が乳癌を増殖させる機構を、いろいろなメカニズムでブロックします。副作用が比較的少なく、長期間使えるのが特徴です。切除した癌組織がホルモン受容体をもつ癌(女性ホルモンの影響を受けやすい癌)の場合により効果的です。

抗エストロゲン剤(エストロゲンが癌に働くのをブロックする=タモキシフェン、トレミフェンなど)、LH−RHアゴニスト(閉経前女性の卵巣からの女性ホルモン分泌をストップさせて一時的に閉経後の状態にする=ゾラデックス®、リュープリン®など)、アロマターゼ阻害剤(閉経後女性で、体脂肪や副腎でエストロゲンをつくる酵素をブロックする=アフェマ®、アリミデックス®、アロマシン®など)、合成プロゲステロン製剤(ヒスロン®)などの種類があり、年々新しい薬が開発されています。

・
・

Copyright© 2005, Nagoya University Hospital. All rights reserved.

医師紹介

病棟紹介

外来案内

入院案内