つるまい薬薬薬連携協議会とは

連携する、つなげる、橋渡しをするという意味の「リエゾン(liaison)」という言葉があります。
調剤薬局、病院薬局、薬学部のリエゾン薬剤師を目指す薬剤師が集まり、薬物療法の知識や技術を適用し、患者さまやそのご家族に薬物治療に参加してもらうこと、医療者、そして薬剤師の間をつなぎ、連携を図ること、橋渡しをすることによって、チーム医療を実現すること、そして「からだ」と「こころ」をつなぎ、全体的、統合された、質の高い薬物治療を提供する支援を行なうことを目指して、「つるまい薬薬薬連携協議会」
                        を発足いたしました。

組織

つるまい薬薬薬連携協議会
会則はこちら。

さらに詳しく

会員

調剤薬局、病院、薬科大学、薬剤師会の各運営委員はこちら。

さらに詳しく

研修会

2008年度は「パーキンソン病と薬物治療」をテーマにした研修会など。

さらに詳しく

活動

平成16年度からの活動報告について。

さらに詳しく

資料室

喘息治療、リエゾン薬物治療などの資料はこちら。

さらに詳しく

事務局

当サイトののご利用、お問い合わせ先について。

さらに詳しく
up