TOP 職員の声 キャリア座談会

キャリア座談会

Talk Sessionキャリア座談会

なぜ名大病院を転職先に選んだのか。
また、ここを舞台にしてどのような将来像を描いているのか。
名大病院の特徴や強みを交えながら、それぞれのキャリアを持つ看護師のこれまで、いま、そしてこれからを語り合いました。

scroll

01名大病院に転職した理由を教えてください。

名大病院に転職した理由を教えてください。

中瀬中瀬

出身大学である国立大学医学部附属病院に新卒で入職し、7年間にわたって脳神経外科の看護師として勤務しました。もちろん仕事には打ち込んでいたのですが、5年過ぎたあたりから「このまま同じ場所で、同じことをしていていいのだろうか」と考えるようになり、気持ちが転職へと向かっていきました。大学病院にするか、市中の病院にするか。いまの場所で探すか、故郷の愛知で探すか。いろいろ検討した上で、これまでの研修で得たラダーを引き継げるというメリットを考え、地元の名大病院へ転職を決めました。見学の際、病棟の雰囲気がよかったことも、決心を後押しするポイントになりました。

坂尾坂尾

私も中瀬さんと同じように、福岡の国立大学医学部附属病院に新卒で入職してNICU(新生児集中治療室)に配属されました。しかし、都合により2年後に退職。その後、私立の総合病院に転職しました。NICUが立ち上がったばかりの環境の中、忙しい日々を続けるうちに大学病院でもう一度勉強をしたいと気持ちが高まりました。再び転職を決心したのは、こんな背景があったのです。
これまで働いてきた病院以上に多くの患者さんと関わり、新たな知識や技術を身につけられる病院を探したのですが、なかなか私の希望にかなうところがありません。そこで、思い切って家族が暮らしていた愛知県に照準を絞り、名大病院を選択しました。

市川市川

私は東京の私立大学医学部の附属病院に勤務し、急性期の患者さんの看護を4年間担当しましたが、結婚を機に二人の出身地である名古屋に戻ることとなりました。新たな病院を選ぶに当たっては、まだ急性期の看護について勉強すべきことが多々あると実感していたので、学びの場や機会が整っていることが第一でした。
名大病院は、抗がん剤治療や特殊な血液疾患、移植など、これまで携わったことがない病気や患者さんと向き合い、急性期についての多くを学ぶことができるなど、まさに希望通りの病院。SICU(外科系集中治療部)などICUが拡充されるということもあり、入職を決めました。交通の便がいいのも、私にとってのメリットになりました。

02以前の職場と名大病院の違いは何ですか?

以前の職場と名大病院の違いは何ですか?

市川市川

前職でも救命センターで看護をしていたため、名大病院で配属されたGHCU(高度治療室)やEMICU(救急・内科系集中治療室)での看護内容はそれほど変わりませんでした。ただし、前職の病院は初診や外傷の患者さんが多かったのですが、名大病院はさまざまな既往歴を持つ急性期の方が多く、重篤な症状の患者さんも入院しています。そのため、いま目の前の症状だけでなく、これまでの経過や今後の状態も考慮しながら、総合的にアセスメントする重要さを知るようになりました。
また、移植をはじめ名大病院だからこそ接することができる患者さんも多く、一つ一つの経験が大変有意義なものになっています。

中瀬中瀬

前職の大学病院は急性期から慢性期に移行しても病院内で診るケースが多くありました。ある程度回復した後に地域の病院へ移っていただくので、長ければ2〜3ヵ月入院している患者さんも見受けられます。しかし、名大病院に入院している患者さんは急性期の方が大半。治療のスピードが早く、短い入院期間で退院して地域の病院へ移行するため、丁寧かつ効率的、スピーディな看護が求められます。
こうした状況にしっかり対応するため、スケジュール管理にはひときわ配慮するようになりました。医療者で相談しながらクリニカルパスをつくり、業務がスムーズに行えるように努めているのも、無駄なく、安全に看護をする対策の一つです。

坂尾坂尾

私は、スタッフの人数はもちろん、より良い看護を実践するための器具や機材の充実ぶりに違いを感じました。また、コミュニケーション力の大切さも、名大病院に来て改めて認識しています。SICUは、さまざまな科の医師や臨床工学技士、理学療法士など多くの医療者、スタッフが出入りします。まさにチーム医療を体現する場所であり、正確な情報の伝達、意思の確認などは、時には命を左右するほど重要なものになります。それだけに「話す・聞く」というコミュニケーションの基礎が鍛えられ、私自身はかなりレベルアップしたと思っています。

03名大病院の教育体制は、どのように役立っていますか?

名大病院の教育体制は、どのように役立っていますか?

中瀬中瀬

名大病院には、とても手厚い教育システムが用意されています。例えば、看護部のさまざまな研修で学ぶだけではなく、病棟にも教育担当者がいて、現場で必要な知識や技術を丁寧に教えてくれます。新人だけではなく、中途採用者にも教育担当者がつき、病棟での業務に早く慣れるようにフォローしてもらえるので、私も不安なく新しい職場に入っていけたことを覚えています。

坂尾坂尾

キャリアに応じた研修がきめ細かく用意されているため、いま自分が学ぶべき知識や技術をしっかり身につけ、ステップアップにつなげることができます。中瀬さんが所属する脳神経外科・乳腺内分泌外科と同じようにSICUにも教育担当者がいて、現場での指導だけではなく一人ひとりの段階に応じた教育を行っています。これほど細かく、計画的に知識や技術を深める教育体制は経験したことがなかったので、少し驚きました。
こうした手厚い教育を受けた看護師は、やがて後輩を指導する立場になっていきます。教えることを通して有効な伝え方を学んだり、自分自身の足りない部分に気づいたりすることもあり、両者が学びを深めていけるので、とてもいいサイクルだと思います。

市川市川

私は研修に取り組む看護師の姿勢に驚きました。参加者は自己学習をした上で研修に臨み、終わった後の振り返りもしっかりして、知識や技術を自分自身に定着させています。学びは研修の時間だけではなく、事前、事後、さらには日々の看護でのフィードバックを通して自分のものにしていくことを教えられました。

坂尾坂尾

受ける側の意識はもちろんですが、送り出してくれる先輩たちの研修への思いも非常に熱いと感じます。例えば、忙しい中、看護師長や副看護師長が研修課題を事前に見てくれたり、研修時間を確保するためにスタッフをやりくりしてくれたりするのは、一人ひとりの成長をいかに大切に考えてくれているかの表れだと思います。

04これからのキャリアプランを教えてください。

これからのキャリアプランを教えてください。

中瀬中瀬

新卒で入職した病院から現在まで、ずっと脳神経外科を担当してきました。この先もずっと同じフィールドで看護技術を磨き、スペシャリストへの道を進むのか、それとも全体を見ながらマネジメントをしていくゼネラリストへ向かうのかはまだ決めていません。
名大病院には、これからの目標にするような先輩たちが数多くいます。例えば、私の周りには3人の認定看護師がいて、その活動を間近に見ることができます。また、診療科や診療施設など、働く場の選択肢も数多くあります。さらには、どの道へ向かうにしても、整った教育プログラムが私を導いてくれます。こうした名大病院ならではの環境を十分に生かして、将来を決めるつもりです。

坂尾坂尾

私は2018年1月から5月まで産休を取って出産をしました。そして、翌19年3月まで育休を取得。保育園入所のタイミングもあり、4月まで延長して以前と同じSICUに復帰をしました。
休んでいる間にSICU自体が新しくなり、電子カルテも新しいシステムで運営されていたため、慣れるまでは大変。子育てと仕事の両立ができるのか、不安を抱えた中での復帰でしたが、上司や同僚のサポートのお陰もあり続けることができています。こうした状況のため、長期的なビジョンを持つのではなく、子育てと歩調を合わせてキャリアプランを考えたいと思っています。

市川市川

私は救命センター、救急外来、EMICU、GHCUと、急性期のさまざまな患者さんと関わり、キャリアを積み重ねてきました。その経験を、多くの看護師のスキルアップにつながるように伝えていきたいと考えています。
また、自分自身もスキルアップできるように、認定看護師、専門看護師を目指すというプランも持っています。そのためには大学院で学ぶなど、新たな挑戦も必要になりますが、中瀬さんが言うようにお手本になるような方が大勢いるので、安心して前進したいと考えています。

最上部へ