TOP 職員の声 先輩看護師紹介 副看護師長

scroll

副看護師長

名古屋大学医学部附属病院 看護部

Interview先輩看護師紹介

副看護師長

仕事と子育てを両立。
教育プログラムを活用して、
キャリアアップにも挑戦中です。

2004年入職
10W病棟/脳神経内科・老年内科
副看護師長
川辺 さゆり
プロフィール
2004年に入職し、婦人科へ配属。2007年に消化器外科に異動、翌年から新人教育のサブ担当・チームリーダーに。2011年に一人目を出産、その後二人を出産して2016年に外来へ復帰。翌年に副看護師長に昇進するとともに、現部署の脳神経内科・老年内科に配属されて業務に当たっています。

副看護師長

看護師として、
これからどのようなキャリアを磨いていきますか?
出産を経験したことで、看護に対する考えに変化が生まれました。産休に入るまでは日々の業務をこなすことに精一杯でしたが、産休が明けて復帰した頃から看護の楽しさが実感できるようになったのです。それと同時に学ぶことが楽しくなり、看護理論の大切さが分かるようになりました。また、患者さんにもっと寄り添った看護をしていきたいと考え、自己研鑽に励んでいこうという気持ちも高まっていきました。
それらの思いをかなえるとともに、新たなキャリア形成への第一歩として、いま看護管理実践基礎コースの研修に参加して看護管理の基礎を学んでいます。現部署を含めこれまでに出会った看護師長が話してくれたことを改めて心にしっかり刻むことができ、とても勉強になっています。今後は管理に関することも学び、部署での業務に生かせるようにしたいと考えています。
  • 川辺 さゆり
  • 川辺 さゆり
  • 川辺 さゆり
  • 川辺 さゆり

休日の過ごし方

Off time休日の過ごし方

休日は、小学2年生、1年生、そして保育園の年中になった子どもたちと公園や遊園地に行ったり、子どもの友だち家族とバーベキューをしたりして過ごしています。ゆっくり寝ていたい、というのが本音ですがそうはさせてくれず、結局休みの日もアクティブに過ごすことになってしまいます。
平日、私が休みの日は家事に集中し、日頃手が回らない掃除などを一気にこなしています。休みと言っても、のんびりする時間はあまりないというのが実状です。

最上部へ