後期研修プログラム

募集中! 専攻医(後期研修医)

総合診療専門研修の専攻医登録が行われています!

当科が管理・運営する
名古屋大学医学部附属病院総合診療専門医養成プログラム(27ページ:911KB)
は、日本専門医機構により承認されました。

詳しく知りたい

氏名・メールアドレスを入力して送信してください。担当者より折り返しご連絡を差し上げます。

当ページをご覧いただきありがとうございます。名古屋大学医学部附属病院・総合診療科(略称:名大総診)では、共に働く仲間を募集しております。

医師としての生き方を選択し、どんなキャリアを辿るか ・・・ 研修医としての過程をどんな医局で過ごし・日々何を行うか。

名古屋大学総合診療科ジェネラリスト専門医養成コースは、ジェネラリストとしてどのようなキャリアプランを描くことも可能になる後期研修プログラムです。本コースを修了したとき、自分が思い描く将来像に向かって進む道のスタート地点に立っていることに気づくことができるはずです。

勅使河原先生顔写真
現役の専攻医です。
私の1日をご紹介しますね。参考になれば幸いです。
★こちら★

修了後のキャリアパスモデル

doctor-tankei

市中病院で外来・病棟・研修指導

丹慶 遥 先生詳しく見る
doctor-takahashi

大学院進学 ~ 当科教員として勤務

高橋 徳幸 先生詳しく見る
doctor-funahashi

地方都市の中規模病院 ~ 地域の診療所長に

船橋 浩一 先生詳しく見る
doctor-komada

家業・5代目。地域のかかりつけ医として

駒田 雄一 先生詳しく見る

募集枠・対象

人数 5名
対象 平成30年3月末に初期臨床研修修了見込みの医師
および 既に初期臨床研修を修了した医師
条件等詳細 当ページ下部の募集要項ご確認ください

享受できるメリット

  • 充実の研修カリキュラム(3年間 *詳細下記
  • 臨床能力のみならず、教育能力・研究能力も伸長
  • 研鑚に適した環境・態勢
    ★指導医・メンター・スタッフによる絶え間ないサポート
  • 安定・厚遇
    ★1年次:年収約800万円、2年次以降:約900~1200万円
  • 個々のポートフォリオ作成支援(年4回 *詳細下記
  • 全国の総合診療医とのコネクション形成が可能
  • 研修コース修了後に大学院進学も可能
  • などなど

募集背景・趣旨

現代日本の医療問題のひとつに、地域による医師偏在および専門別による偏在があり、それぞれ医師の需給バランスが適正化されることが望まれています。その中で、ジェネラリスト = 総合診療医は人材が足りていない分野です。

まず、崩壊しつつあると言われる地域医療。活性化させる新たなしくみづくりは、総合的に解決を導く存在である、ジェネラリスト抜きには成り立ちません。

次に、一見医師数が潤沢に見える都市部やその近郊に於いても、専門科別の需給バランスは決して良好とは言えず(←皆さん少なからずご実感あるかと思います)、総合診療医については不足状態が続いています。

近年、地域の中核病院や小中規模の病院では、臓器別専門分野にとらわれず内科医として患者さんの診療にあたるジェネラリストに対するニーズが非常に高まっています。

また、当院のような都市の大病院では、臓器別専門分野の枠組みに入らない患者さんの診療や、複数の専門分野が協力して診療にあたるべき際に「ディレクター」「コーディネーター」としての立ち位置で、ジェネラリストが必要とされています。

以上を踏まえ、名大総診では、大学病院であるという特性上の責務でもある、次世代を担う良医を育成し・社会へ送り出す役目を担うべく、採用・育成に力を入れている次第です。

研修の特徴

個々の描くキャリア像・ニーズに沿いつつ、かつ視野を広げ・選択肢を広く持つことがことができるよう、複数施設での研修コースを準備しております。

原則として1年次は名古屋大学医学部附属病院(総合診療科9ヶ月、救急科3ヶ月)で研修を行います。2年次および3年次は、下記の研修施設をそれぞれ半年~1年間ずつ組み合わせて研修を行います。どの研修施設を選択するかは、個々の希望を最大限取り入れられるよう調整します。

研修スケジュール例

ローテーション例
▲クリックで拡大
ローテーション例

研修施設

総合診療Ⅰ研修
総合診療Ⅱ研修
内科研修
  • 名古屋大学医学部附属病院 総合診療科
救急科研修
小児科研修

個々のポートフォリオ作成支援(年4回)

名大病院・総合診療科では、家庭医療専門医申請に必要なポートフォリオ作成支援のためのミーティング(ACCEL:Attractive Conference on Collaborative and Elaborative Learning for Senior Residents)を年4回開催しています。

家庭医療専門医ポートフォリオ作成支援の会

ポートフォリオ作成のノウハウを先輩たちの事例から学ぶところから始まり、たたき台として書いたポートフォリオを参加者全員でブラッシュアップする作業を繰り返し、やがて自身が書いたポートフォリオが後輩たちの見本になっていきます。

» 次回 2018/1/13(土) ご案内

平成30(2018)年度 追加募集要項

人数 5名
対象 平成30年3月末に初期臨床研修修了見込みの医師
および 既に初期臨床研修を修了した医師
勤務条件

【1年次】名古屋大学医学部附属病院

  • 総合診療科外来および病棟業務(9ヶ月)
    • 土日休日昼間当直1回/月および平日夜間当直1~2回/月
    • 総合診療科休日待機1回/月および平日待機2回/月
  • 救急科外来(3ヶ月、ブロック研修)
  • 年収:約800万円

【2年次以降】配属先によって異なります

  • 勤務体系・業務内容:各研修施設にて
  • 年収:900万円~1,200万円
実績等

修了実績

  • 平成21年度 1名
  • 平成22年度 3名
  • 平成23年度 1名
  • 平成24年度 2名
  • 平成25年度 1名
  • 平成26年度 3名
  • 平成27年度 3名
  • 平成28年度 1名

専攻医数

  • 4年次 4名
  • 3年次 2名
  • 2年次 0名
  • 1年次 3名

» 体験談等はこちらから

応募方法

まずはご相談ください

  • 随時受付中(2018/1/12まで)
 
問い合わせ先

名古屋大学医学部附属病院 総合診療科
佐藤 寿一(さとう・じゅいち)
E-mail: juichi@med.nagoya-u.ac.jp

TEL: 052-744-2951
FAX: 052-744-2960
〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65

お問い合わせ / 見学・応募

  • どんなことが学べる? どんな働き方が出来る?
  • もっと詳しく知りたい!
  • 見学・応募を検討しているのですが・・・

スタッフが一人一人にあわせて相談に乗ります。些細なことでもお気軽にお尋ねください。お待ちしています!

近藤先生顔写真
指導医:近藤
たくさん症例を経験するだけでは到達できない、
新たな見方を一緒に獲得しましょう!

問い合わせフォームへ

í
up