診療科・部門

診療科・部門

もどる


救急科 科長:後藤 縁(病院講師)

安心して受診できる救急診療体制を!!

救急外来は、救急科と各専門診療科の専門医により、24時間体制で運用されています。一次から三次救急患者まで、すべての救急患者を対象とし、緊急度・重症度に応じて適切な診療を行います。 救急科の医師は、救急・内科系集中治療部の診療も担っており、連携して重症患者を受け入れています。


診療体制

救急外来は、救急科と各専門診療科の専門医により、24時間体制で運用されています。救急科の医師は、救急・内科系集中治療部(EMICU)の診療を担っており、EMICUと連携して重症患者を受け入れています。

救急・内科系集中治療部のホームページもご覧ください。

対象病態

一次から三次救急患者まで、すべての救急患者を対象とし、緊急度・重症度に応じて適切な診療を行います。当院に受診歴のある患者さんの急変は原則受け入れ、複雑な病態にも対応します。

特色

救急外来には、救急科および各専門診療科の医師が勤務しており、緊急性の高い患者さんに対応します。また専門治療が必要な病態に対しては、時間外であっても各専門領域の医師に診療を求められる体制となっています。

診療実績

2016年度総救急患者数は9,787名でした。救急車搬入台数は2,803台です。また、救急救命士の就業前・現任教育実習にも協力するとともに、災害拠点病院として大規模災害のために設備を整えるように工夫しています。

その他の取り組み

普段かかりつけの専門診療科以外の病気であっても、緊急な状態であれば救急科を受診して頂き、救急の専門診療を受けられます。各専門診療科で対応できる場合には、専門診療科の診療を得られるシステムとしています。

医療関係者の方へ (専攻医募集) 

現在、専攻医(後期研修医)を募集中です。見学も随時受け付けております。ご興味のある方は下記救急科専門研修プログラムをご覧ください。当研修プログラムでは、指導医とともに救急外来、EMICUでの診療を行い、CPAを含む最重症の内科系および小児の急性期疾患を中心に、多岐にわたる症例を学ぶことができます。

後期研修医プログラム詳細

名大での研修プログラムの一例.pptx

救急科専門研修プログラム.docx