研究室紹介Laboratories

Back
Top > 研究室紹介 > 産学協同研究講座 > 希少性・難治性がん解析研究講座

産学協同研究講座希少性・難治性がん解析研究講座

概要

 名古屋大学大学院医学系研究科は、2020年1月に、希少性・難治性がん解析研究講座を新たに設置しました。本研究講座は、尿中腫瘍マーカーを用いて、従来検査が困難であった希少性・難治性がんの新しい診断技術を開発することを目的としています。

 これまで名古屋大学医学系研究科小児外科は、日立製作所と共同で、尿中腫瘍マーカーによるがん検査の研究を行ってきました。その結果、尿中代謝物の網羅的解析技術、尿中腫瘍マーカーの抽出技術を踏まえたがん検査モデルにより、いろいろながん腫においてがん患者と健常者を識別できることがわかってきました。加えて、複数の尿中腫瘍マーカーによる代謝物パネル検査法という独自の方法を新たに開発し、良性腫瘍が抽出できる可能性を見出しています。

 本研究講座では、この新しい取り組みを通して、全国の拠点病院と連携しながら、がんの早期診断と患者のQoLを両立させる新しい社会の構築を目指します。

設置期間:令和2年1月~

名古屋大学希少性・難治性がん解析研究講座がスタート ~新しい診断法実用化に向け臨床研究加速~

研究プロジェクト

プレスリリース

新たな神経芽腫尿中バイオマーカーの特定 原著論文

公的研究費

  • 令和3年度 基盤研究(C)21379241 2021-2023「腎芽腫患児の代謝物網羅解析によるバイオマーカーの探索と創薬への挑戦」
  • 令和3年度 基盤研究(C)21360031 2021-2023「小児がんの診断治療に資する新規蛍光プローブの開発研究」
  • 2021 AMED次世代がん医療創生研究事業 令和3年度 公募 標的探索研究タイプ  研究領域D 21445988 2021-2022 「 進行リスクを判別する神経芽腫腫瘍マーカーの開発」
  • 2021 AMED 令和3年度橋渡し研究戦略的推進プログラムシーズA A149「胆道閉鎖症の代謝物解析による病因解明と疾患マーカーの探索」
  • 2021 AMED 令和3年度橋渡し研究戦略的推進プログラムシーズA A137「小児がん(神経芽腫)の個体差を識別可能なメタボロミクスを利用したパネル検査法の開発」

国際学会

  • AACR ANNUAL MEETING 2021(April9-14,2021)American Association for Cancer Research(米国癌学会)
    Development of a novel diagnostic system for bile duct cancer using urinary metabolites
    Hizuru Amano, Akinari Hinoki, Takashi Ishigaki, Mayumi Abe, Hiroo Uchida, Hirohisa Oda, Minoru Sakairi, Yasushi Terui
  • 2021 ASPHO Conference (April4-8,2021) The American Society of Pediatric Hematology/Oncology(米国小児血液腫瘍学会)
    NOVEL BIOMARKER DISCOVERY FOR CHILDHOOD RHABDOMYOSARCOMA USING URINARY METABOLITES
    Hizuru Amano, Akinari Hinoki, Takashi Ishigaki, Mayumi Abe, Hiroo Uchida , Hirohisa Oda , Minoru Sakairi, Yasushi Terui
  • 2021 ASCO ANNUAL MEETING (June20-23,2021) American Society of Clinical Oncology(米国臨床腫瘍学会)
    Urinary Biomarkers for Monitoring Treatment Response in Neuroblastoma Patients
    Hizuru Amano, Akinari Hinoki, Takashi Ishigaki, Mayumi Abe, Hiroo Uchida , Hirohisa Oda , Minoru Sakairi, Yasushi Terui
  • EACR2021 Virtual Congress (June09-12,2021) European Association for Cancer Research(欧州癌研究会議)
    Identification of urinary biomarker candidates of nephroblastoma
    Hizuru Amano, Akinari Hinoki, Takashi Ishigaki, Mayumi Abe, Hiroo Uchida , Hirohisa Oda , Minoru Sakairi, Yasushi Terui

産業財産権

  • 新規検査開発サーバ及び新規検査開発方法 東海国立大学機構,日立製作所
    出願日:2020年2月 公開番号:2021-128115 公開日:2021年9月 出願国:国内 取得国:国内
  • 尿中腫瘍マーカーによるがん検出方法、キット及び装置 東海国立大学機構,日立製作所
    出願日:2018年11月 公開番号:2020-079729 公開日:2020年5月 出願国:国内 取得国:国内
  • 小児がん検査用尿中代謝物マーカー 東海国立大学機構,日立製作所
    出願日:2018年3月 公開番号:2019-168319 公開日:2019年10月 出願国:国内 取得国:国内

教員

構成員名役職所属
檜顕成 特任教授 希少性・難治性がん解析研究講座、小児外科
小田紘久 特任助教 希少性・難治性がん解析研究講座
石垣隆士 産学連携研究員 希少性・難治性がん解析研究講座
阿部眞由美 産学連携研究員 希少性・難治性がん解析研究講座
坂入実 客員教授 希少性・難治性がん解析研究講座
照井康 客員教授 希少性・難治性がん解析研究講座

研究実績

  • 2021年
    1. Yokota K, Hinoki A, Hiramatsu K, Amano H, Kawamura M, Kuwatsuka Y, Tainaka T, Shirota C, Sumida W, Makita S, Okamoto M, Takimoto A, Yasui A, Nakagawa Y, Uchida H, Kawakita M. Urinary N1,N12-diacetylspermine as a biomarker for pediatric cancer: a case-control study. Pediatr Surg Int. 2021
    2. Yokoyama S, Ishizu Y, Ishigami M, Honda T, Kuzuya T, Ito T, Hinoki A, Sumida W, Shirota C, Tainaka T, Makita S, Yokota K, Uchida H, Fujishiro M: Factors associated with bleeding after endoscopic variceal ligation for children. Pediatr Int, 2021
    3. Yokota K, Uchida H, Sakairi M, Abe M, Tanaka Y, Tainaka T, Shirota C, Sumida W, Oshima K, Makita S, Amano H, Hinoki A: Identification of novel neuroblastoma biomarkers in urine samples. Sci Rep 11:4055, 2021
    4. Yamaguchi S, Hinoki A, Tsubouchi K, Amano H, Tajima A, Uchida H: Usefulness of web search queries for early detection of diseases in infants. Nagoya J Med Sci 83:107-111, 2021
    5. Tanaka Y, Tainaka T, Hinoki A, Shirota C, Sumida W, Yokota K, Oshima K, Makita S, Amano H, Takimoto A, Kano Y, Uchida H: Risk factors and outcomes of bile leak after laparoscopic surgery for congenital biliary dilatation. Pediatr Surg Int 37:235-240, 2021
    6. Takimoto A, Sumida W, Amano H, Shirota C, Tainaka T, Yokota K, Makita S, Yasui A, Kanou Y, Hinoki A, Uchida H: Postoperative intestinal obstruction in patients with biliary atresia impedes biliary excretion and results in subsequent liver transplantation. Pediatr Surg Int 37:229-234, 2021
    7. Shirota C, Tainaka T, Sumida W, Yokota K, Makita S, Takimoto A, Amano H, Hinoki A, Ono Y, Uchida H: Thoracoscopic surgery for congenital lung cysts: an attempt to limit pulmonary resection in cases of lesions involving multiple lobes. Pediatr Surg Int 37:213-221, 2021
    8. Shirota C, Kawashima H, Tainaka T, Sumida W, Yokota K, Makita S, Amano H, Takimoto A, Hinoki A, Uchida H: Double-balloon endoscopic retrograde cholangiography can make a reliable diagnosis and good prognosis for postoperative complications of congenital biliary dilatation. Sci Rep 11:11052, 2021
    9. Amano H, Shirota C, Tainaka T, Sumida W, Yokota K, Makita S, Takimoto A, Tanaka Y, Hinoki A, Kawashima H, Uchida H: Late postoperative complications of congenital biliary dilatation in pediatric patients: a single-center experience of managing complications for over 20 years. Surg Today, 2021
  • 2020年
    1. Tanaka T, Amano H, Tanaka Y, Takahashi Y, Tajiri T, Tainaka T, Shirota C, Sumida W, Yokota K, Makita S, Tani Y, Hinoki A, Uchida H: Safe diagnostic management of malignant mediastinal tumors in the presence of respiratory distress: a 10-year experience. BMC Pediatr 20:292, 2020
    2. Shirota C, Murase N, Tanaka Y, Ogura Y, Nakatochi M, Kamei H, Kurata N, Hinoki A, Tainaka T, Sumida W, Yokota K, Makita S, Oshima K, Uchida H: Laparoscopic Kasai portoenterostomy is advantageous over open Kasai portoenterostomy in subsequent liver transplantation. Surg Endosc 34:3375-3381, 2020
    3. Amano H, Miyake K, Hinoki A, Yokota K, Kinoshita F, Nakazawa A, Tanaka Y, Seto Y, Uchida H: Novel zinc alloys for biodegradable surgical staples. World J Clin Cases 8:504-516, 2020

研究キーワード

尿中代謝物、小児がん、希少性・難治性がん、小児外科