概 要 About Us

Back
Top > 概要 > 学部長・研究科長からのメッセージ

学部長・研究科長からのメッセージ

メッセージ

門松先生 ドイツのExcellence Initiativeをはじめとして、欧米とアジアではResearch Excellence Initiative設立の流れが加速しています。これらは4つの垣根「学術、国、言葉・文化、システム」を超えた取り組みを唱え、学術レベルの向上、国際化、組織改革を謳っています。日本でも2017年に指定国立大学が制度として生まれ、東北大学、東京大学、東京工業大学、名古屋大学、京都大学の5校が指定を受けました。

 私たち名古屋大学大学院医学系研究科は、ジョイントディグリープログラム(JDP)を我が国において先導してきました。これはトップ大学同士の2校間で大学院教育を共同で行い、両校から一つの学位を出すものです。これによって高い質が保証された学位を授与できるばかりでなく、教育と研究の国際連携を実質化できる大きな意味があります。これまでにアデレード大学(オーストラリア)、ルンド大学(スウェーデン)と締結し、2018年度にはフライブルク大学(ドイツ)との締結を目指しています。一方、2017年からは新たに Global Alliance of Medical Excellence(GAME)を開始しました。これは 、国際的な医学部・医学系研究科の共同プログラムで、名古屋大学と香港中文大学(香港)、高麗大学校(韓国)、モナッシュ大学(オーストラリア)ミュンヘン大学(ドイツ)、エラスムス・ロッテルダム大学(オランダ)、ボローニャ大学(イタリア)、ノッティンガム大学(イギリス)、アルバータ大学(カナダ)9つの大学からなるものです。これにより国際共同研究と教育の連携を展開します。

 少子化と人生100年の時代を迎え、先人たちも経験のないような大きな社会的期待が、医学という学問に、また医療という仕事に寄せられています 。名古屋大学は指定国立大学の提案書の中で4つの世界的研究拠点の形成を掲げました。その一つが医学生命科学分野の拠点であり、私たちは上記のJDPとGAMEを軸に、国際共同研究のプラットフォームを拡大していきます。そして、医学・医療の新しい流れを作っていきたいと思います。医学・医療の開拓。それが私たちのミッションです。基礎医学の新たな挑戦、基礎医学と臨床医学の協働、臨床医学・医療の国際化など、大きな課題に真正面から取組んでいきたいと思っています。

平成30年7月
医学部長・医学系研究科長 門松 健治

プロフィールM. 2017

プロフィール

かどまつ けんじ
門松 健治 / KADOMATSU, Kenji

大学院医学系研究科 教授

専門分野
  1. 神経生物学
  2. 腫瘍生物学
  3. 糖鎖生物学
研究テーマ
  1. 神経再生機構
  2. 小児がん発生機構と治療法
  3. 成長因子ミッドカインの作用機構
主要論文
  1. Tsubota S, Kishida S, Shimamura T, Ohira M, Yamashita S, Cao D, Kiyonari S, Ushijima T, Kadomatsu K. PRC2-Mediated Transcriptomic Alterations at the Embryonic Stage Govern Tumorigenesis and Clinical Outcome in MYCN-Driven Neuroblastoma. Cancer Res. 77(19):5259-5271 (2017).
  2. Mu P, Akashi T, Lu F, Kishida S, Kadomatsu K. A novel nuclear complex of DRR1, F-actin and COMMD1 involved in NF-κB degradation and cell growth suppression in neuroblastoma. Oncogene. 36(41):5745-5756 (2017).
  3. Zhang Z, Takeda-Uchimura Y, Foyez T, Ohtake-Niimi S, Narentuya, Akatsu H, Nishitsuji K, Michikawa M, Wyss-Coray T, Kadomatsu K, Uchimura K. Deficiency of a sulfotransferase for sialic acid-modified glycans mitigates Alzheimer's pathology. Proc Natl Acad Sci U S A. 114(14):E2947-E2954 (2017)
  4. Sato Y, Sato W, Maruyama S, Wilcox CS, Falck JR, Masuda T, Kosugi T, Kojima H, Maeda K, Furuhashi K, Ando M, Imai E, Matsuo S, Kadomatsu K. Midkine Regulates BP through Cytochrome P450-Derived Eicosanoids. J Am Soc Nephrol. 26(8):1806-15 (2015).
  5. Kishida S, Mu P, Miyakawa S, Fujiwara M, Abe T, Sakamoto K, Onishi A, Nakamura Y, Kadomatsu K. Midkine Promotes Neuroblastoma through Notch2 Signaling. Cancer Res. 73(4):1318-27 (2013).
  6. Huang, P., Kishida, S., Cao, D., Murakami-Tonami, Y., Mu, P., Nakaguro, M., Koide, N., Takeuchi, I., Akina Onishi, A., Kadomatsu, K. The neuronal differentiation factor NeuroD1 downregulates the neuronal repellent factor Slit2 expression and promotes cell motility and tumor formation of neuroblastoma. Cancer Res. 71(8):2938-2948 (2011)
  7. Imagama S, Sakamoto K, Tauchi R, Shinjo R, Ohgomori T, Ito Z, Zhang H, Nishida Y, Asami N, Takeshita S, Sugiura N, Watanabe H, Yamashita T, Ishiguro N, Matsuyama Y, Kadomatsu K. Keratan sulfate restricts neural plasticity after spinal cord injury. J Neurosci. 31(47):17091-102 (2011)
  8. Ito Z, Sakamoto K, Imagama S, Matsuyama Y, Zhang H, Hirano K, Ando K, Yamashita T, Ishiguro N, Kadomatsu K. N-acetylglucosamine 6-O-sulfotransferase-1-deficient Mice Show Better Functional Recovery after Spinal Cord Injury. J. Neurosci. 30(17):5937-47 (2010).
  9. Kato N, Yuzawa Y, Kosugi T, Hobo A, Sato W, Miwa Y, Sakamoto K, Matsuo S, Kadomatsu K. The E-selectin ligand basigin/CD147 is responsible for neutrophil recruitment in renal ischemia/reperfusion. J Am Soc Nephrol. 20(7):1565-76 (2009).
  10. Hobo A, Yuzawa Y, Kosugi T, Kato N, Asai N, Sato W, Maruyama S, Ito Y, Kobori H, Ikematsu S, Nishiyama A, Matsuo S, Kadomatsu, K. The growth factor midkine regulates the renin-angiotensin system in mice. J. Clin. Invest. 119(6):1616-1625 (2009).