病院概要

病院概要

もどる


クリニカル・インディケータ

経営管理指標

番号項目平成26年度平成27年度平成28年度平成29年度
1 医療従事者数(人) 2,107 2,163 2,182 2,300
2 病床数(床) 1,035 1,035 1,035 1,080
3 病床稼動率(%) 84.6 87.5 84.2 82.09
4 平均在院日数(日) 13.4 12.6 12.2 12.0
5 外来患者数(人) 596,357 592,203 573,427 568,720
6 入院診療単価(円) 81,602 82,033 85,389 86,558
7 外来診療単価(円) 15,594 16,099 16,638 17,443
8 材料比率(%) 15.29 15.31 15.02 15.58
9 医薬品比率(%) 20.51 20.01 20.78 20.32
10 査定率(%) 0.58 0.88 0.81 0.79
11 後発医薬品利用率(%,薬価ベース) 5.36 6.95 6.65 7.40
12 紹介率(%) 55.59 57.44 65.82 60.28
13 逆紹介率(%) 48.05 51.38 53.62 51.91

病院機能指標

番号項目平成24年度平成25年度平成26年度平成27年度平成28年度備考
1 新規外来患者数(件数) 25,934 26,909 26,722 26,237 21,925  
2 二次医療圏外からの外来患者の割合(%) 46.8 47.1 46.8 47.1 47.93  
3 救命救急患者数(件数) 2,287 2,326 2,116 2,099 1,868 H25年度から項目名を変更
4 初回入院患者数(件数) 12,295 12,115 12,725 13,166 12,725  
5 在院日数の指標 1.02 1.03 1.04 1.04 1.09  
6 患者構成の指標 1.09 1.08 1.09 1.09 1.07
7 高度医療評価制度・先進医療診療実施数(件数) 84 91 113 95 107  
8 指定難病患者数(件数) 3,476 3,596  
9 全手術件数(件数) 8,289 8,521 8,801 8,499 8,664 本院独自の指標
10 手術技術度DとEとの手術件数(件数) 8,566 8,904 9,242 10,820 10,827
11 手術全身麻酔件数(件数) 5,387 5,505 5,660 5,766 5,865

 

12 重症入院患者の手術麻酔件数(件数) 391 426 405 401 476

 

13 緊急時間外手術件数(件数) 359 372 405 412 366  
14 超重症児の手術件数(件数) 81 67 47 61 48  
15 臓器移植件数(心臓・肝臓・小腸・肺・膵臓)(件数) 17 18 25 20 23  
16 成人と小児の血液疾患に対する自家移植+同種移植症例数(件数) 45 47 62 68 53 本院独自の指標
17 新生児のうち,出生時体重が1,500g未満の数(件数) 19 21 16 16 15  
18 新生児集中治療室(NICU)実患者数(件数) 158 179 183 161 231  
19 緊急帝王切開数(件数) 76 77 85 93 89  
20 病理組織診断件数(件数) 12,069 11,548 13,198 14,298 14,107  
21 術中迅速病理組織診断件数(件数) 1,039 999 999 1,063 1,048  
22 CPC(臨床病理検討会)の検討症例率(%) 8.37 4.18 2.73 3.44 5.37  
23 急性心筋梗塞患者の退院時のアスピリンかつ・またはチエノピリジンの処方率(%) 100 100 100 100 100 本院独自の指標
24 外来でがん化学療法を行った延べ患者数(件数) 8,154 7,699 7,214 7,834 8,233  
25 薬剤管理指導料算定件数(件数) 23,903 27,461 30,646 33,899 39,667  
26 無菌製剤処理料算定件数(件数) 26,214 27,154 21,249 27,346 27,430  
27 多剤耐性緑膿菌(MDRP)による院内感染症発生患者数(件数) 1 1 0 1 1  
28 放射線科医がCT・MRIの読影レポート作成を翌営業日までに終えた割合(%) 91.70 91.43 93.23 94.59 94.48  
29 10例以上適用したクリニカルパス(クリティカルパス)の数(件数) 67 72 72 71 74  
30 褥瘡発生率(%) 0.77 1.00 0.76 0.86 0.79  
31 手術あり患者の肺塞栓症の発生率(%) 0.04 0.12 0 0.07 0.11  
32 手術あり肺血栓塞栓症予防対策実施率(%) 90.4 89.7 93.1 92.7 93.4  
33 初期研修医採用人数(人数) 14 16 12 11 15  
34 他大学卒業の初期研修医の採用割合(%) 85.7 100 91.7 72.7 100.0  
35 専門医,認定医の新規資格取得者数(人数) 100 153 146 165 195  
36 指導医数(人数) 61 68 79 111 145  
37 専門研修コース(後期研修コース)の新規採用人数(医科)(人数) 148 123 122 112 127
38 看護師の受入実習学生数(自大学から)(人数×日数) 4,969 4,971 4,963 4,922 4,877 本院独自の指標
39 看護師の受入実習学生数(自大学以外の養成教育機関から)(人数×日数) 1,924 2,116 1,956 2,320 2,838  
40 看護職員の研修受入人数(外部の医療機関などから)(人数×日数) 361.9 297.9 367.1 229.7 2,824.3  
41 薬剤師の研修受入人数(外部の医療機関などから)(人数×日数) 1 43 78 10 207  
42 薬剤生の受入実習学生数(自大学以外の養成教育機関から)(人数×日数) 4,148.9 3,752.6 3,345.4 1,251.6 4,267.0  
43 その他医療専門職の受入実習学生数(自大学から)(人数×日数) 3,620 3,582 3,761 3,568 3,596  
44 その他医療専門職の受入実習学生数(自大学以外の養成教育機関から)(人数×日数) 2,949 3,285 3,460 3,089 3,586  
45 その他医療専門職の受入人数(外部の医療機関などから)(人数×日数) 140 475 314 89 216  
46 治験の実施症例件数(件数) 373 417 356 295 282  
47 治験審査委員会・倫理委員会で審査された自主臨床試験の件数(件数) 29 29  本院独自の指標
48 医師主導治験件数(件数) 4 5 12 17 15  
49 公開講座等(セミナー)の主催数(件数) 129 87 109 118 93  
50 自病院で総合窓口での患者対応が可能な言語数(日本語を除く)(カ国語) 4
51 院内案内の表示言語数(日本語を除く)(カ国語) 1
52 病院ホームページの対応言語数(日本語を除く)(カ国語) 1
53 病床稼働率(一般病床)(%) 85.6 88.7 85.1
54 病床稼働率(精神病床)(%) 64.3 62.2 66.8
55 平均在院日数(一般病床)(日数) 13.1 12.4 11.9
56 平均在院日数(精神病床)(日数) 25.7 25.0 26.1
57 病床回転数(一般病床)(回数) 23.85 26.18 26.10
58 病床回転数(精神病床)(回数) 9.13 9.11 9.34
59 紹介率(医科)(%) 83.52 76.74 80.33
60 逆紹介率(医科)(%) 58.71 52.94 56.88
61 一般病棟の重症度,医療・看護必要度(%) 31.84
62 後発医薬品使用率(数量ベース)(%) 38.80 47.90 71.60
63 現金収支率(病院セグメント)(%) 100.00
64 業務損益収支率(病院セグメント)(%) 106.26 106.68 105.31
65 債務償還経費占有率(%) 10.52
66 院外処方せん発行率(%) 89.20 90.10 92.30
67 研修指導歯科医数(人数) 11.00
68 専門医,認定医の新規資格取得者数(歯科)(人数) 16.00
69 初期研修医歯科医採用人数(人数) 8 6 10
70 歯科衛生士の受入実習学生数(人数×日数) 631
71 年間延べ外来患者数(歯科)(人数) 20,539
72 周術期口腔機能管理料算定数(件数) 996
73 歯科領域の特定疾患患者数(人数) 2,300
74 紹介率(歯科)(%) 31.65 30.08 35.45
75 逆紹介率(歯科)(%) 21.35 25.08 22.77

<注>

  1. 本指標は,原則として国立大学附属病院長会議の「平成28年度国立大学附属病院病院機能指標」から選定したものです。
  2. 国立大学附属病院長会議の病院機能指標とは異なるデータを使用した指標については,備考欄にその旨記載しています。
  3. DPCとは,診断群分類のことを意味し,傷病名,実施した手術,実施した処置,年齢,重症度,副傷病等の内容に応じて分類されています。また,診断群分類には区分に応じて3段階の入院期間が設けられ,それぞれに1日当たりの点数が定められています。この診断群分類に基づき計算する方法をDPC/PDPSと言います。従来の診療行為ごとに計算する「出来高払い」方式とは異なり,診断群分類の区分に基づき,それぞれの区分毎に定められた1日あたりの点数からなる包括評価部分と出来高評価部分を組み合わせて計算する方式です。

平成30年11月12日現在

担当部署

総務課