診療科・部門

診療科・部門

もどる


親と子どもの心療科 科長:尾崎 紀夫(教授)

子どもたちのこころの健康を促し、その発達を支えます

15歳以下の子どもたちのメンタルヘルスや発達の課題について、児童青年精神医学の見地から的確な診断と多面的な治療を提供します。


診療体制

十分な診察・面接時間を確保するため、初診および再診の患者さんについて、完全予約制のシステムをとっています。

対象疾患

言葉・発達の遅れ、多動、集団へのなじめなさ、同世代と上手く関われない、という乳幼児期~児童期の発達の問題、学校へ行けない、食事が食べられない、などの児童期・青年期のこころの問題に対応します。

得意分野

乳児期から青年期までの各ライフステージにおけるメンタルヘルスや発達の課題について診断と治療に精通したスタッフが担当します。薬物療法、精神療法など多面的な支援を行っています。心理検査などによる評価も積極的に実施しています。最新の医学研究に基づいて病態を理解し、臨床研究の成果を積極的に臨床に活かすように努めています。

診療実績

年々需要が増加する子どものこころの問題に対し、根拠に基づく確かな医療を提供しています。また、子どものこころの問題を扱うクリニックや病院、さまざまな支援機関との連携にも力を入れています。

先進医療・研究

「現在の診断・治療法で最も妥当なものは何か」を検討するとともに、「病態をつきとめ、病態に即した治療・予防法の開発を目指す」ことを基本方針としています。子どものこころの問題に関する最新の知見を日々の臨床に還元すべく、診療スタッフの医療水準を最高に維持するように日々研鑽に励んでいます。