診療科・部門

診療科・部門

もどる


ゲノム医療センター センター長:尾崎 紀夫 (教授)

解析、意味づけからカウンセリングまで、ゲノム医療を広くカバー

センターのミッション:ゲノム医学の進展により、全診療科、全疾患と関わる時代が到来したゲノム医療と、院内外の関連部門・診療科、患者さんおよびそのご家族を繋ぐ


業務体制

がんゲノム医療部門、非がんゲノム医療部門、遺伝カウンセリング部門、ゲノム解析部門の4つの部門から構成される横断的なセンターです

業務内容

当院は厚労省の指定するがんゲノム医療中核拠点病院であると同時に、日本医療研究開発機構(AMED)が主導する未診断疾患イニシアチブ(IRUD)診断拠点及び解析拠点です。がんを含む多様な疾患を対象としたゲノム医療が、広く国民の手に届くものになるために、ゲノム医療をけん引する高度な医療を有する機関として認められ、指定されたものです。ゲノム医療を実践するために診療科を超えて各部署をつなぎ、患者さんの治療や予防に役立てるよう、ゲノム解析から結果の意味づけなどを行います。先進的なゲノム解析部門と二つのゲノム医療部門に加えて、遺伝カウンセリング部門においては多岐にわたる疾患に関連した遺伝カウンセリングを行う、すなわち総合的なゲノム医療の実践と発展を担うセンターです。

特色

センターとして院内すべての部門・診療科と連携がとれるよう努めており、各診療科に1名ずつ遺伝担当医を指定し、遺伝や遺伝子に関わる心配をお持ちの患者さんとそのご家族への支援体制を整えております。また院内外のゲノム解析研究機関や医療機関との連携により、先端的な解析と、患者・家族に資する医療体制を実現しております。

業務実績

2018年度新設のためセンターとしての実績はまだありませんが、既存の遺伝カウンセリング部門では、院内患者さんを中心に、ご家族も含め年間50件以上の遺伝カウンセリングを行っています。またこれまでも、IRUD診断拠点や多様な疾患のゲノム解析に関する実績を有しております。