診療科・部門

診療科・部門

もどる


輸血部 部長:松下 正(教授)

あらゆる業種のメディカルスタッフに開かれることを目指して

常勤医師2名、非常勤医師1名、検査技師4名、看護師2名で構成し、あらゆる業種のメディカルスタッフに開かれた輸血部を目指しています。


業務内容

輸血用血液製剤の受注および支給、輸血に必要な検査業務、細胞治療に必要な幹細胞などの採取と保存、手術前患者の自己血採血と保存、その他、輸血療法に対する種々のコンサルテーション。

特色

手術中の大量出血に対する止血目的の血液製剤投与指針を提示しています。その他、DICをはじめとする凝固異常に対するコンサルテーション、アフェレーシスによる末梢血幹細胞・単核球や血小板の採取・保存などを行っています。

取り組み

輸血療法のコンサルテーションにより血液製剤の適正使用を推進し、製剤(特に新鮮凍結血漿、血小板)の使用量を減少させています。未使用血液製剤の転用を促進し、廃棄製剤を大幅に減少させています。

先進医療・研究

先進的な再生医療の一環として、免疫細胞療法や血管再生治療のための幹細胞(末梢血および骨髄由来)採取と保存を行っています。また、インプラント治療の際の自己組織培養のため、自己血清を作製しています。