施設使用手順・申請

  • 名古屋大学(以下「本学」)の大学教員及び技術職員、本学の指導教員の承認を得た本学大学院学生又は大学院研究生・学部学生又は学部研究生、脳機能などの研究課題を有している本学以外の研究者で本学の受入れ教員の承認を得た方は本施設を利用できます。
  • MR装置またはMEG装置使用希望者は「使用申請書」を下記に提出して下さい。申請内容を「脳とこころの研究センター」において審査した後、「使用許可通知書」をお渡し致します。
  • 検査予約についてのご質問は下記にお願いします。

使用申請書

  • 使用申請書
  • 使用申請書

  • 装置使用希望者は下記の名古屋大学設備・機器共有システムから予約して下さい。
  • 被験者を対象とした装置使用希望者は装置使用申請書を提出する前に、研究課題について生命倫理委員会での承認を得て下さい。なお、生命倫理委員会への申請の前に上記の礒田又は寳珠山にご相談下さい。
  • なお、本施設では実験動物を対象とした検査は行いません。
  • 装置使用者は、年度及び課題終了後に、「研究成果報告書」を各装置担当者へ提出して下さい。

使用報告書

  • 使用申請書
  • 使用申請書

使用料

単位:円

装置名 単位 学内者 学外者
磁気共鳴(MR)装置 1時間 17,700 24,700
脳磁場計測装置(MEG) 1時間 15,400 20,100

ご質問・お問い合わせ

MR及びMEG装置使用申請手続について

 大幸キャンパスでは、平成22年度より、教育及び研究用として高磁場磁気共鳴(MR)装置及び脳磁計(MEG)を導入しました。この両装置の活用に当たっては、本研究センター、他部局、学外の研究機関等との共同研究も視野に入れ、幅広く活用していただくとともに脳とこころの統合的研究の推進を目指しています。

 是非、多くの皆様に、教育及び研究のためにご使用いただきたいと願っています。
 なお、MR及びMEG装置の使用を申請される方は、下記まで問い合わせください。

MRに関するもの

脳とこころの研究センター 礒田 治夫

MEGに関するもの

脳とこころの研究センター 寳珠山 稔