研究室紹介Laboratories

Back
Top > 研究室紹介 > 産学協同研究講座 > 個別化医療技術開発講座

産学協同研究講座個別化医療技術開発講座

当講座は、患者さんひとりひとりに合った医療機器とそれらを提供するシステムを開発することを目的として設置されました。
 
日本では、高齢者人口の割合が25%を越え、超高齢社会を迎えています。急速な高齢化に伴い、骨粗鬆症に起因する骨折や関節疾患の患者数は増加しており、大きな社会問題になっています。

整形外科分野では、現在もこれらの疾患に対して数多くの医療機器が使用され治療が行われていますが、海外からの導入品も多く、日本人の体型(骨や関節の形状)に合っていないことが原因で合併症を引き起こしている例が少なくありません。また、骨や関節の形状は、指紋のようにひとりひとり異なる部分があるため、画一的な医療機器で良い治療を提供することは難しく、個々に適した形状・特性を持つ医療機器で治療をすることが求められています。

私たちは、大学病院等の実際の診療において得られる精度の高いデータを元に患者さんひとりひとりに合った医療機器を開発・提供することにより、現在の画一的な治療が抱えている諸問題に対処し治療成績を向上させていきたいと考えています。

「個別化医療」の名の下に、スタッフ一同、日本の医療サービスの向上と患者さんのQOLの改善に取り組んで参ります。

設置期間:平成26年10月1日~平成29年9月30日