研究室紹介Laboratories

Back
Top > 研究室紹介 > 頭頸部・感覚器外科学 > 耳鼻咽喉科学/認知・言語医学

頭頸部・感覚器外科学耳鼻咽喉科学/認知・言語医学

研究室概要

当教室は伝統的に耳疾患、特に中耳炎に対する鼓室形成術の手術方法と突発性難聴を代表とする内耳性難聴に関する研究を行ってきています。近年のさまざまな技術進歩により、今まで把握困難であった難聴の病態解明も可能になっています。放射線科の協力を得て行っている3T MRIを用いた内耳疾患の病態把握の一つとして、世界に先駆けてメニエール病症例における内リンパ水腫の存在視覚的に評価することが可能となりました。現在この検査法は世界に広まり、様々な応用がなされています。また、今まで突発性難聴の全国疫学調査において主導的立場を担ってきましたが、現在遺伝子多型の観点からも疫学的調査を行っています。一方、頭頸部外科グループでは頭頸部癌治療を中心に嚥下障害の外科治療、音声改善外科をおこなっています。実臨床においては標準治療を中心に、患者さんの生活機能を第一に考えた機能温存治療が基本方針です。その柱は1)舌癌・咽頭癌・喉頭癌などの拡大切除後の機能再建、嚥下機能の再建、2)頭蓋底悪性腫瘍の外科治療、3)咽頭癌の経口的手術法の開発です。JCOG頭頸部癌グループに参加し、積極的に多施設共同臨床試験を行っています。

研究プロジェクト

1. 中内耳疾患の病態解明と治療

i)疫学研究
厚生労働省の高度難聴研究班として、突発性難聴の全国疫学的調査を行ってきました。メニエール病や突発性難聴症例について、遺伝子多型の観点から疫学的調査を行っています。

ii)MRIによる内耳評価
Gd造影による3T MRIを用いて内リンパ水腫の視覚化を可能にしました。 様々な難聴疾患において、内リンパ水腫存在の意義について検討を行っています(図1)。
project1.jpgまた、突発性難聴や中耳炎による内耳障害において、血液迷路関門の破綻を示す所見をMRIにて把握し、予後評価に応用しています。可逆性の障害の有無を画像にて検討しています。

iii)血流評価
中耳・内耳疾患の病態を血流の観点からの評価するため、人工内耳植込術の際に内耳血流測定を行っています。現在は、耳硬化症例を対象に病変部の血流測定を行い疾患の活動度の評価に応用しています。

iv)耳科手術
MRIの画像評価は耳科手術にも応用しています。拡散強調画像による真珠腫の診断や内耳瘻孔合併例における血液迷路関門の破綻の評価(図2)、耳硬化症に対するアブミ骨における前庭内リンパ水腫評価の有用性を報告してきました。
project2.jpg最近では新しいレジストレーション法による耳科領域のナビゲーションサージェリーの開発にも取り組んでいます。錐体深部に進展した真珠腫も安全に対応することが可能です(図3)。
project3.jpgv)平衡機能評価
内耳性難聴に伴う平衡障害を画像所見との関連から評価を行っています。生理的平衡機能検査結果は、内耳障害の程度のみな罹病期間とも関連しています。

v)薬剤局所投与
メニエール病におけるゲンタマイシン治療、突発性難聴に対するステロイド鼓室内投与は耳科領域の代表的な鼓室内薬剤投与療法です。内耳への薬剤移行性の評価も含めて、有効性を検討しています。私たちのGdを用いた検討結果では、約13%は薬剤の内耳への移行が不良なことが判明しています。

2.
2−1頭頸部癌術後嚥下障害の解析

i)320列MDCTを用いた再建咽頭、舌運動の解析
3次元画像による嚥下動態の動的解析法を開発し、再建皮弁の立体的な動きを解析します。通常の嚥下造影検査では認識が不可能な、残存組織と再建組織の運動の違いを捉えることができます。 
図は造影剤を嚥下する直前の咽頭形態を3次元表示したものです。

project4.jpgii)中咽頭側壁癌治療後嚥下障害の研究
中咽頭側壁癌の治療は化学放射線治療の進歩もあり大きく変化しましたが、手術法の適正化によって術後機能も向上してきました。もともとは厚労省がん研究助成金計画研究の枠組みで開始し、嚥下造影簡易評価法(AsR法,2012藤本)と嚥下機能評価基準(MTFスコア,1997藤本,頭頸部癌診療ガイドライン2013版に収載)の妥当性を検証し、さらに治療法による機能予後の比較を計画しています。国立がん研究センター東病院、宮城がんセンターなど8施設による共同研究が進行しています。

2−2.頭蓋底悪性腫瘍の手術法の安全性確立

project5.jpgi)頭蓋底手術のバーチャルシミュレーションと3Dモデル、ナビゲーションの融合
難易度の高い頭蓋底悪性腫瘍の根治手術を当科では1990年に開始し、すでに200例近い症例の経験を背景にIV期上顎癌に対しての5年生存率は60%を越え、安定した治療成績を得ています。安定したチームの教育と低侵襲化の努力と工夫として、全例に形成外科、脳神経外科、情報連携本部との合同シミュレーションを実施しています。その教育効果は高く評価され、平成25年度日本コンピューター外科学会講演論文賞最優秀賞、平成28年度には日本頭蓋底外科学会優秀論文賞を受賞しました。

ii)頭蓋底悪性腫瘍に対する内視鏡手術
顔面に皮膚切開を加えず、根治性を失わないことを前提とした内視鏡手術法の開発を行っています。平成28年度からAMED研究班の一員として多施設共同研究がスタートしています。

2−3.頭頸部癌の超音波診断

咽喉頭がんのリンパ節転移に対する標準的治療法の確立に関する研究(厚生労働科学研究費補助金 がん臨床研究事業H20 −14)の中で画像診断の小班を結成し、現在は日本超音波医学会の下部組織として頭頸部癌頸部リンパ節転移超音波診断基準研究会の枠組みを継続しています。神奈川県立がんセンター、宮城県立がんセンター、鳥取大学、岩手医科大学、愛知県がんセンター中央病院、四国がんセンターなどとの共同で下記3つの臨床試験を展開しています。

i)頸部リンパ節転移診断基準の確立
転移リンパ節診断基準を提案し、その成果は平成24年第50回日本癌治療学会にてJSCO賞を受賞しました。これは従来の画像診断で主流であった径の計測に加えて、リンパ節の内部構造、血流分布に注目したことで精度を高めたものです。現在は多施設共同前向き試験が進行中です。

ii)化学放射線治療後の転移リンパ節の診断法の開発
化学放射線治療後には組織変化が強く、従来の画像診断では腫瘍残存の有無の判断はきわめて困難でした。あらたな診断基準を作成し、前向き試験を開始しました。頸部郭清術の低侵襲化にともなって重要性を増している研究です。

iii)造影剤を用いたリンパ節診断法の確立
造影剤を用いた画像を画像処理技術を工夫して転移診断の精度向上を目指しています。

2−4.脂肪幹細胞移植の音声・嚥下治療への臨床応用
project6.jpg形成外科・泌尿器科と合同研究で行われています。従来、一側喉頭麻痺に対して、声門閉鎖を改善して嗄声を治療する試みがなされてきましたが、効果が不十分であったり、経時的に効果が減弱することが大きな課題でした。脂肪幹細胞は容量を維持し、血流、神経支配も改善させうる力を持っており、声帯内自家脂肪注入術の成績を改善させうることがわかりました。現在はその臨床試験を準備しています。
また、脂肪幹細胞移植を舌根萎縮や咽頭収縮力低下症例へ応用する準備もすすめております。

2−5. 腫瘍溶解性ウイルスHF10 の頭頸部癌治療への応用

腫瘍溶解性ウイルスはがん細胞内での自己増殖能を維持して癌細胞内で増殖し、癌細胞を死滅させるという全く新しい治療を目指しています。当科では世界で最初に頭頸部癌に応用し、近い将来の臨床応用を目標に研究を継続しています。

2−6. 精神科リエゾン

頭頸部癌は眼(視覚)・耳(聴覚)・鼻(嗅覚)・舌(味覚)を障害し、また、音声、嚥下、呼吸を妨げることで患者の生活機能を脅かします。生活の質がおかされたとき、患者はどのように生きていけるのでしょうか。可能なかぎり機能温存を優先した治療方針をとっても、患者さん自身はいつも辛い気持ちを抱えています。我々は精神科と合同で、病棟看護師や言語聴覚士、薬剤師、栄養士らと合同で患者を守るシステムを構築してきました。学術的には頭頸部癌患者の抑鬱や障害に対しての研究を継続し、臨床へのフィードバックをしています。

2−7.化学放射線治療侵襲の適正化

シスプラチンを併用した放射線治療は現在でも世界標準です。最近は日本でも国際標準の化学放射線治療が行われるようになり、治癒成績は向上してきましたが、一方ではその侵襲が大きく、急性期障害、晩期障害が大きな問題となっています。放射線治療単独では治療強度が不足するが、シスプラチン大量投与では過大な侵襲となる段階の腫瘍にたいして中等度の強度での化学放射線治療を提案しています。TS1内服を併用する放射線治療は外来通院で施行でき、安全に増感効果を得ることができます。放射線科と共同で、すでにフェーズI,およびII相試験が終了し、さらに治療強度の適正化を目指して放射線治療法を改善したプロトコールスタディを開始しています。

2−8.JCOG頭頸部グループ

JCOG:Japan Clinical Oncology Groupの中に、頭頸部がんグループが平成23年に消化器癌内科グループから独立して発足しました。18施設でスタートし、当科は発足時から参加しています。現在は26施設が参加し、共同研究を継続しています。

i)JCOG1008 (進行中)
「局所進行頭頸部扁平上皮癌術後の再発ハイリスク患者に対する3-Weekly CDDPを同時併用する術後補助化学放射線療法とWeekly CDDPを同時併用する術後補助化学放射線療法に関するランダム化第II/III相試験」
化学放射線治療の世界標準であるCDDP併用放射線治療ですが、侵襲の大きさが問題でした。より低侵襲な投与法としてWeekly投与法を比較する非劣性試験です。予定登録患者260名で現在157例が登録されています。

ii)JCOG1601(近日開始予定)
「Stage I/II舌癌に対する予防的頸部郭清省略の意義を検証するランダム化第Ⅲ相試験 」
早期舌癌において頸部郭清を予防的に行うか否か。長年の課題でありますが、画像診断法の進歩、手術法の変化もふまえて日本からの情報発信を目指します。
T1N0, T2N0舌癌の症例を対象として、本邦では頭頸部癌で初めての手術法でのランダム化第Ⅲ相試験です。

教員

構成員名役職所属
曾根 三千彦 教授 医学部
藤本 保志 准教授 医学部
寺西 正明 准教授 医学部
吉田 忠雄 講師 医学部附属病院
平松 真理子 助教 医学部附属病院
丸尾 貴志 助教 医学部附属病院
西尾 直樹 助教 医学部附属病院
杉本 賢文 助教 医学部附属病院
下野 真理子 助教 医学部附属病院

研究実績

  • 2016年
    1. Sone M, Yoshida T, Sugimoto S, Morimoto K, Okazaki Y, Teranishi M, naganawa S, Nakashima T .Magnetic resonance imaging evaluation of endolymphatic hydrops andpost-operative findings in cases wih otosclerosis.Acta Otolaryngol,2016;Sep27:1-4
    2. Morimoto K, Yoshida T, Sugiura S, kato M, Kato K, Teranishi M, Naganawa S, Nakashima T, Sone M.Endolymphatic hydrops in patients with unilateral and bilateral Meniere’s disease.Acta Otolaryngol,2016;39:1464-1470
    3. Sone M, Yoshida T, Morimoto K, Teranishi M, Nakashima T, Naganawa S.Endolymphatic hydrops in superior canal dehiscence and large vestibular aqueduct syndromes.Laryngoscope,2016;126:1446-1450
    4. Nishio N, Fujimoto Y, Suga K, Iwata Y, Toriyama K, Takanari K, Kamei Y, Yamamoto T, gotoh M.Autologous fat injection therapy including a high concentration of adipose-derived regenerative cells in a vocal paralysis model:animal pilot study.J Laryngol Otol,2016;Sep 8:1-9
  • 2015年
    1. Suga K, Kato M, Yoshida T, Nishio N, Nakada T, Sugiura S, Otake H, Kato K, Teranishi M, Sone M, Naganawa S, Nakashima T.Changes in endolymphatic hydrops in patients with Meniere's disease treated conservatively for more than 1 year.Acta otolaryngol,2015;135,866-870
    2. Mukaida T, Sone M, Yoshida T, Kato K, Teranishi M, Naganawa S, Nakashima T.Magnetic resonance imaging evaluationof endolymphatic hydrops in cases with otosclerosis.Otol Neurotol,2015;36,1146-1150
    3. Nishio N, Fujimoto Y, Fujii M, Saito K, Hiramatsu M, Maruo T, Iwami K, Kamei Y, Yagi S, Takahashi M, Hayashi Y, Ando A, Nakashima T.Craniofacial Resection for T4 Maxillary Sinus Carcinoma: Managing Cases with Involvement of the Skull Base.Otolarngol - Head and Neck Surgery,2015;153,231-238
    4. Yoshida T, Sone M, Naganawa S, Nakashima T:Patient with an SLC26A4 gene mutation who had low-frequency snsorineural hearing loss and endolymphatic hydrops.J Laryngol Otol,2015;129:95-97
  • 2014年
    1. Fujimoto Y, Kato S, Itoh Y, Naganawa S, Nakashima T: A phase I study of concurrent chemoadiotherapy using oral s-1 for head and neck cancer. Anticancer Res,2014; 34,209-213
    2. Maruo T, Fujimoto Y, Yoshida K, Hiramatsu M,Suzuki A, Nishio N, Shimono M, Nakashima T: Effect of clinical symptoms on the indication for selective neck dissection for NO carcinomas of the parotid gland. Oncol Lett,2014; 8: 335-338
    3. Maruo T, Fujimoto Y, Ozawa K, Hiramatsu M,Suzuki A, Nishio N, Nakashima T: Laryngeal sensation and pharyngeal delay time after (chemo) radiotherapy. Eur Arch Otorhinolaryngol,2014;271: 2299-2304
    4. Nakada T, Yoshida T, Suga K, Kato M, Otake H, Kato K, Teranishi M, Sone M, Sugiura S, Kuno K, Pyykko I, Naganawa S, Watanabe H, Sobue G, Nakashima T: Endolymphatic space size in patients with vestibular migraine and Meniere's disease. J Neurol ,2014;261: 2079-2084
    5. Nakashima T, Sato H, Gyo K, Hato N, Yoshida T, Shimono M, Teranishi M, Sone M, Fukunaga Y, Kobashi G, Takahashi K, Mtsui S, Ogawa K: Idiopathic sudden sensorineural hearing loss in Japan. Acta Otolaryngol,2014; 134: 1158-1163
    6. Nishio N, Fujimoto Y, Nakashima T: Inflammatory pseudotumor of the infratemoiral fossa leading to orbital apex syndrome. J Craniofac Surg,2014; 25: 1324-1326
    7. Otake H, Suga K, Suzuki H, Nakda T, Kato K, Yoshida T, Ternishi M, Sone M, Nakashima T: Antimicrobial prophylaxis in tonsillectomy: the efficacy of preperative single-dose oral administra tion of azithromycin in preventing surgical site infection. Acta Otolaryngol,2014;134:181-184
    8. Sugimoto S, Fukunaga Y, Katayama N, Yoshida T, Teranishi M, Sugiura S,  Uchida Y, Kamiya H, Oiso Y, Nakashima T: Factors contributing to postrural Sway in patients with diabetes in an in-hospital education program .Audiol Neurotol Extra,2014;4;23-32
  • 2013年
    1. Iida T, Teranishi M,Yoshida T, Otake H, Sone M, Kato M, Shimono M, Yamazaki M, Naganawa S, Nakashima T: Magnetic resonance imaging of the inner ear after both intratympanic and intravenous gadolinium injections. Acta Otolaryngol,2013;133: 434-438
    2. Kato K, Otake H, Tagaya M, Takahashi Y, Ito Y, Hama A, Muramatsu H, Kojima S, Naganawa S, Nakashima T: Progressive hearing loss followig acquired cytomegalovirus infection in an immunocompromised child .Am J Otolaryngol,2013;34:89-92
    3. Kato M, Sugiura M, Shimono M, Yoshida T, Otake H, Kato K, Teranishi M, Sone M, Yamazaki M, Naganawa S, Nakashima T: Endolymphatic hydrops revealed by magnetic resonance imaging in patients with atypical Meniere's disease .Acta Otolaryngol,2013;133:123-129
    4. Maruo T, Fujimoto Y, Ozawa K, Hiramatsu M, Suzuki A, Nishio N, Nakashima T: Laryngeal sensation and pharyngeal delay time after (chemo) radiotherapy .Eur Arch Otorhinolaryngol,2013;271:2299-2304
  • 2012年
    1. Hiramatsu M, Teranishi M, Uchida Y, Nishio N, Suzuki H, Kato K, Otake H, Yoshida T, Tagaya M, Suzuki H, Sone M, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, Nakashima T: Polymorphisms in genes involved in inflammatory pathways in patients with sudden sensorineural hearing loss. J Neurogenet,2012;26: 387-396
    2. Kato K, Yoshida T, Teranishi M, Sano R, Otake H, Sone M, Nakashima T: Peak with in multifrequency tympanometry and endolymphatic hydrops revealed by magnetic resonance imaging. Otol Neurotol,2012;33:912-915
    3. Nakashima T, Hattori T, Sone M, Asahi K, Matsuda N, Teranishi M, Yoshida T, Kato K, Sato E: Cochlear blood flow and speech perception ability in cochlear implant users. Otol Neurotol,2012; 33: 165-168
    4. Nakashima T, Sone M, Teranishi M, Yoshida T, Terasaki H, Kondo M, Yasuma T, Wakabayashi T, Nagatani T, Naganawa S: A Perspective from magnetic resonance imaging findings of the inner ear: Relationships among cerebrospinal, ocular and inner ear fluids. Auris Nasus Larynx,2012; 39: 345-355
    5. Nishio N, Teranishi M, Uchida Y, Sugiura S, Ando F, Shimokata H, Sone M, Otake H, Kato K, Yoshida T, Tagaya M, Hibi T, Nakashima T: Contribution of complement factor H Y402H polym morphism to sudden sensoroineural hearing loss risk and possible interaction with diabetes. Gene,2012; 499: 226-230
    6. Sano R, Teranishi M, Yamazaki M, Isoda H, Naganawa S, Sone M, Hiramatsu M, Yoshida T, Suzuki H, Nakashima T: Contrast enhancement of the inner ear in magnetic resonance images take at 10 minutes or 4 hours after intravenous gadolinium injection .Acta Otolaryngol,2012;132: 241-246
    7. Sone M, Yoshida T, Naganawa S, Otake H, Kato K, Sano R, Teranishi M, Nakashima T: Comparison of computed tomography and magnetic resonance imaging for evaluation of cholesteatoma with labyrinthine fistulae. Laryngoscope,2012;122: 1121-1125

研究キーワード

難聴、内耳障害、画像評価、MRI、血流、疫学調査、ナビゲーション 誤嚥、嚥下障害、頭頸部癌、機能温存治療、機能再建、誤嚥防止手術、嚥下機能改善手術、HF10、腫瘍溶解性ウイルス