入学案内Admission

Back
Top > 入学案内 > 推薦入試 > 推薦入学受験生サイト

推薦入試受験生サイト

推薦入試について

名古屋大学医学部医学科は、新しい医学や医療の開拓をミッションとしており、推薦入試において、特に医学研究者への志向性を持ち、将来研究医を目指す能力と資質を有した人物を求めています。

推薦入試特集サイト

推薦入学を目指す生徒さんへのメッセージ、学部長や推薦入学者のインタビューなどを掲載しています。

入学後は

入学後のカリキュラムについて

入学後は、研究医を目指した積極的な活動を期待しています。研究医を目指す学部学生のための特別カリキュラムを準備していますので、積極的に参加して下さい。なお、本選抜で入学した学生は、正規カリキュラムにおける指定された一部科目の選択と、学生研究会ベーシックコースへの参加が必須となります。

名古屋大学医学部学生研究会(LOVE LAB)

自分に合った研究を見つけるためのベーシックコースと、研究活動を行っている学部学生を支援するアドバンストコースを準備しています。

MD・PhDコース

研究医を目指して大学院進学へ進学する学生を対象にMD・PhDコースや奨学金(スカラーシップ)を準備しています。

研究医志望者を対象とした初期臨床研修プログラム

医学科6年次に医師国家試験に合格することで、卒業時に医師免許が取得できます。しかし医師として働くためには、卒業後2年間の初期臨床研修を行う必要があります。名古屋大学医学部附属病院では、2021年度を目標に、研究医志望者を対象とした初期臨床研修プログラムを開始する予定です。詳細について決まりましたら公開いたします。

現在の初期臨床研修プログラムについては、下記のウェブサイトを参照願います。

よくある質問

Q1. 推薦入学者が目指すべき研究医や医学研究者には、どのような研究者が含まれますか?

  • 基礎医学、社会医学、臨床医学の全ての医学研究者が含まれます。基礎医学研究者に限定するものではありません。

Q2. 推薦入試で入学した場合、医師免許を取得したり、医師として働くことは可能ですか?

  • 可能です。一般入学の学生と同じように、6年次に医師国家試験に合格することで、卒業時に医師免許を取得できます。医師として一定期間の研鑽を積んだ後に、または働きながら、研究へ進む道もあります。iPSで有名な京都大学の山中教授も、整形外科医として研鑽を積んだ後に、研究医を目指して大学院に進学されています。

Q3. 推薦入試で入学した場合、上記のMD・PhDコースや初期臨床研修プログラムへの参加は必須ですか?

  • 必須ではありません。MD・PhDコースや初期臨床研修プログラムは、主に基礎研究医志望者を対象としています。初期臨床研修を名大病院以外の大学病院や市中病院で行うことも可能です。研究医のキャリアパスは様々ですので、それぞれのキャリアパスで研究医を目指して下さい。