名古屋大学・ルンド大学国際連携総合医学専攻(名古屋=ルンドJDP)

養成する人材像

rund
 「高度な専門性と学識を備え、解決の道筋を見つけるデザイン力に富み、異なる文化を理解できる国際性を備え、国際的共同研究を推進し、医学と人類の福祉の発展に積極的に貢献できる人材」を養成します。

入学定員

4名/年度(うち名古屋大学を主とする学生2名、ルンド大学を主とする学生2名)

出願資格

 本専攻の対象は主に名古屋大学医学部及びルンド大学医学部の学士課程卒業生ですが、この他、他大学も含めた歯科学、薬学、獣医学の学士課程卒業生、工学・農学等の修士課程修了者、医学系研究科修士課程修了者も広く受け入れます。

*基盤となる医学固有の知識が不十分であると判断される場合、基礎科目として既設専攻で開講されている「基盤医学特論」、「基盤医科学実習」などの履修を指導する場合があります。なお、これらの基礎科目は修了要件の対象科目ではなく、修了に必要な単位には含めません。

*出願資格については個別の判断が必要となる場合があります。詳しくはお問い合わせいただくか応募要領をご参照ください。

必要とされる英語能力

① TOEFLにおいてPBT 550点以上、CBT 213点以上あるいはiBT 79点以上
あるいは
② IELTSアカデミックモジュールにおいてOverall Band Score 6.5以上かついずれのセクションにおいても5.0以上

上記は出願時に証明が必要です。

留学

 原則2年次の12ヶ月間にルンド大学に渡航して研究を行います。
特殊な手法を要する実験、滞在先の専門性の高い実験内容についてはその特異性に鑑み12ヶ月以上の滞在を許可する場合があります。また研究の進捗状況によっては滞在期間の延長を許可する場合があります。いずれの場合も合同運営委員会の審議と承認が必要で、留学期間の上限は30ヶ月です。

必要単位

44.5単位
科目区分 科目
A群(名古屋大学が開講) 講義科目 国際連携最先端医学特論(2単位)
科学コミュニケーション(1単位)
応用統計学(3単位)
演習・実習科目 ポートフォリオ A(3.5単位)
セミナー(10単位)・実験研究(6単位)
B群(ルンド大学が開講) 講義科目 イントロダクトリーコース(0.5単位)
研究倫理(1単位)
口頭伝達(1単位)
特別講義(1単位)
演習・実習科目 ポートフォリオ B(3.5単位)
セミナー(10単位)・実験研究(2単位)

講義科目

国際連携最先端医学特論
 国際的研究組織構築のための戦略・手法・実例など幅広い知識を教授すること、研究立案から仮説、証明に至る解決の道筋を見つけるデザイン力を養うことを目的とする。有名科学誌に掲載された医学論文を教材とした講義、基礎・先進研究技術、分子標的探索のための国際共同研究、最先端医学研究の現状と課題、女性の社会進出を含んだリーダーシップやチームワークの発揮の仕方、研究組織の構築と課題、プロジェクト・マネジメント能力の開発、生命倫理、研究倫理と公正研究に関する講義などを予定する。
→シラバス
科学コミュニケーション
研究をデザインするための基本的スキルである文献検索に関して利用可能な情報リソースの把握と活用法について教示する。
→シラバス
応用統計学
医学・医療研究における研究立案・実験データ解析の過程に必要な統計学の基礎から応用までを教授する。講義にもとづきSPSS、Stata、programs Rなどの医療統計ソフトを使用し課題を学修する。
→シラバス
イントロダクトリーコース
大学の組織、構成、特徴と課程の詳細につき教授するとともに大学院での学修を自ら独立して取り組む姿勢を教育する。プログラムには学生同士の共同作業を含む。
→シラバス
研究倫理
医学・医療に関する研究倫理を学ぶ。
→シラバス
口頭伝達
自らの研究経過あるいは関連した他研究者の論文を指導教員に向けてプレゼンテーションすることを通じて口頭発表技術を修得する。
→シラバス
特別講義
複数の講義のうち一つを選択して受講する。ただし実験動物を扱う予定の学生は「Laboratory animal science for researchers」の選択が必須である。
→シラバス
ポートフォリオ
学生 自らが学修状況を把握し目的達成のために必要な事項について自己評価を通じて把握する。
→シラバス

演習・実習科目

 「セミナー」においては自らの仮説に基づいた研究立案から、実験・証明に至る過程で直面する問題に対して、主・副指導教員と議論し解決の道筋を見つける力を養う。学生は必要に応じてテレビカンファレンスシステムを通して双方の大学の研究者の異なる背景・立場からの意見を聞き、議論を通して解決への道を探る対応力を養う。「実験研究」においては従来の実験手法から最新の実験手法に至るまで手技的・技術的指導を受けながら自らの研究目的に則した実験を行う。

 以下の科目はルンド大学の必修科目(Compulsory courses)に相当します。「科学コミュニケーション」「応用統計学」は名古屋大学での開講を前提としていますが、ルンド大学での受講についても考慮します。
 また名古屋大学における1単位は45時間の学修に相当し、ルンド大学における1 単位(ECTS)は25〜30時間に相当することから、1単位=1.5ECTSとして換算してあります。
本専攻における科目名称 単位 ルンド大学の必修科目(Compulsory courses) 単位(ECTS)
イントロダクトリーコース 0.5 Introductory course 1
研究倫理 1 Research Ethics 1.5
科学コミュニケーション 1 Scientific Communication 1.5
口頭伝達 1 Oral Communication 1.5
応用統計学 1 Applied Statistics Ⅰ 1.5
2 Applied Statistics Ⅱ 3
特別講義 1 One elective course 1.5
ポートフォリオ 7 Portfolio 12

修了要件

  • 4年以上在籍すること。
  • 12ヶ月以上ルンド大学で研究を行うこと。
  • 44.5単位以上を修得すること。
  • Half-time reviewを完了していること。
  • 学位論文の審査及び最終試験に合格すること。なお、学位論文は査読のある国際誌に掲載が決定した論文2本以上(うち少なくとも1本は主著者、もう1本は共著者でも可)と、進行中の研究課題あるいは将来への研究課題を示すものとして、作成中あるいは投稿したものの掲載が決定していない論文2本以上の計4本以上の論文とする。以上の論文4本の研究課題は互いに関連したものでなくてはならない。
    ※「Half-time review」: 2年次末に主・副指導教員と2名の外部評価委員が学修状況を客観的に評価します。

学位審査

 学位審査は、合同で主とする大学において1回のみ行われ、それぞれの大学で学位審査を受ける必要はありません。連携大学側の研究科長もしくは学部長と副指導教員はスカイプ等のTV会議システムを使用して合同学位審査に参加します。
 学位論文の審査は、査読のある国際誌への論文の掲載が確定した後に、論文の科学的価値、独自性、論理性を評価します。さらに養成する人材像を踏まえて、多様な学問的素養、倫理性、科学的論理性、研究デザイン力とアレンジ力、及び国際研究推進力の項目について研究指導報告書と主・副指導教員の指導実績から評価します。

授与学位

博士(医学)
Doctor of Philosophy in Medical Science
(名古屋大学とルンド大学から単一の共同学位として)

ルンドとルンド大学について

ルンド大学概要

 ルンド大学は世界のトップ100大学にランクインしています。我々は、知識や革新が社会に貢献するよう、複雑な社会問題や世界的な大きな課題の仕事に取り組んでいます。大学では工学、科学、法学、社会科学、経済経営学、医学、人文学、神学、美術、音楽、演劇における教育と研究を受ける環境が整っています。
 41,000人の学生と7,500人もの職員が、ルンド・マルメ・ヘルシンボリの3つのキャンパスに属しています。本校の売上高は約75億SEK(約80億EUR)でその内2/3は研究、1/3は教育から成っています。
 ルンド大学はグローバル採用を展開する国際的な大学です。我々は70カ国に600もの協定校を持っており、強力な国際ネットワークを持つLERU(欧州研究大学連盟)やUniversitas 21.の一員となるスウェーデンの唯一の大学です。
 現在、ルンド大学では、世界トップクラスのシンクロトロン放射線実験室であるMAX IV実験室、世界で最も強力なニュートロン源の研究ホームとなる欧州施設の2つの主要研究施設が建築中です。これらの研究施設は素材や生命科学、産業の開発において決定的に重要な施設となるでしょう。また、メディコンヴィレッジの設立に伴い、生命科学にユニークな環境をもたらし、研究、革命、企業を統合することにより健康と生活の質(QOL)の向上を作り出すでしょう。

ルンドHPより引用(2017年2月)
http://www.lunduniversity.lu.se/about/about-lund-university

ルンドの街

ルンドは国内で最も健康で若い人口をもつ安全な都市であり、スウェーデンで住みたい場所第一位に輝きました。
  • ・Washington Post article: "Viking roots, off the beaten track"
  • ・New York Times article: "A college town with a bit of Viking Mayhem"
  • ・WATCH: BBC News "The City Where Bicycles Dominate"
 ルンドはスウェーデンの990年までの最古の都市のひとつとして、1000年の歴史と現代の知識やアイデアが入り混じった対照的な都市です。ルンドでは、大都市ならではのサービス、ショッピング、レストランや文化イベントと並び、歴史ある石畳でできた街の魅力を見つけることができるでしょう。
 ルンド大学はルンド市内に強い影響力を持っており、いくつかの大学施設は市内の中心地にあります。世界各国からの企業、学生、研究者の融合によりルンドは“強力な研究ベースの世界的な産業都市”というユニークな特徴が生まれました。ルンドを含むマルメ地方は世界で4番目に独創的な地域です。スウェーデンで初、且つ最も成功したサイエンスパークIdeonはルンドにあり、スウェーデンで最大の研究企業のMAX IV研究所とEuropean Spallation Source(ESS)もまたここにあります。
 ルンド市の人口の大部分をルンドの学生が占めている事から、この学生層が若々しくゆったりとした街の雰囲気づくりに貢献しています。また、街の生活リズムや都市計画、ナイトライフ、博物館、数々の文化やレジャー活動まで、ルンドにおける生活のあらゆる側面に影響を与えています。古い伝統、歴史、学生の賑やかな生活が合わさり、生き生きと生活し勉強するのに絶好の場所にしてくれます!
 1145年に建てられたルンド大聖堂はスコーネ地方において最も人気の観光地の一つで、市の中心部に位置しています。市内を回るのはとても簡単で、ほとんどの人は毎日自転車で移動します。また、ルンド市内とその周辺を行き来するバスや電車などの公共機関も整っています。ルンド駅は、ルンドとマルメ、スコーネ地方の他の都市、そしてその他スウェーデンの都市、コペンハーゲンの国際空港とを結ぶ拠点となっています。

近隣の街・コペンハーゲン
 コペンハーゲンはルンドから1時間以内、マルメからは35分の場所に位置しています。コペンハーゲンはデンマークの首都であり、スカンジナビア半島で最大の都市です。コペンハーゲン空港は世界各地との航空便を結ぶ主要な国際空港です。ルンドやマルメからコペンハーゲン空港への電車は頻繁に運行しています。コペンハーゲン空港からルンドへの旅は約35分です。

下記のルンド大学のページより引用(2017年2月)
http://www.lunduniversity.lu.se/about/visit-lund-university/city-of-lund

ルンドの街について
http://www.visitlund.se/en

研究室・教授リスト ルンド大学医学部研究室

http://www.med.lu.se/english/expmed/research/

ルンド大学研究プロジェクト

http://portal.research.lu.se/portal/en/
ページトップへ