ご来院の皆様

ご来院の皆様

もどる


患者申出療養制度について

本院は2016年1月に医療法に基づく臨床研究中核病院に承認されました。日本発の画期的な医薬品や医療技術などを開発するために、国際水準の臨床研究や医師主導治験の中心的な役割を担う病院です。この臨床研究中核病院の役割の一つとして、本院では「患者申出療養制度」を実施することができます。

参考:臨床研究についての詳細は以下からご覧下さい。
臨床研究等について

患者申出療養制度とは

日本では、保険で認められていない保険外診療を受ける場合は、保険で認められた診療部分も含めて医療費は全額患者さんの自己負担となります。そのため、まだ保険で認められていない未承認の薬や医療機器を使った治療を受けるには、高額な費用が必要となる現状があります。
このような背景を受けて、2016年4月より「患者申出療養制度」がスタートしました。この制度では、保険で認められていない未承認の薬や医療機器を使った治療を受けたいという患者さんからの申し出があれば、臨床研究として実施することにより、臨床研究に係る費用と保険外診療の分を自己負担すれば保険診療と併用できることになりました。対象となる医療は、海外では承認されている薬や医療機器など、十分な医学的な根拠があり、将来は日本でも承認される可能性がある治療法です。

制度の利用について

まずは、かかりつけ医又はお近くの特定機能病院の相談窓口にあなたが希望する治療が患者申出療養の対象になるかご相談ください。
その上で「患者申出療養制度」を利用する際は、本院での手続きを経てから、国への申請、国の会議での審査等が必要となり、申し出てから実際に治療が開始されるまでには半年から1年ほどかかります。
 
詳しくは厚生労働省のホームページをご覧下さい。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000114800.html
厚生労働省パンフレットURL
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12400000-Hokenkyoku/0000118832.pdf

本院での窓口

地域連携・患者相談センター 患者申出療養制度窓口(外来棟1階)
受付時間:月~金 8時30分~16時まで(土・日・祝・年末年始を除く)
電話番号:052-744-2829