ご来院の皆様

ご来院の皆様

もどる


入院に必要なもの

お薬やお薬手帳など

  1. 入院された後、病室にて薬剤師がこれまでお使いのお薬についてお話を伺いますので、次の中から現在お使いのものをご持参ください。

    病院やクリニックから処方されたお薬
    (今回の入院に伴い、主治医から中止指示のあったお薬もご持参ください。)
    □お薬手帳またはお薬説明書
    □薬局、薬店で購入したお薬(市販薬)
    □サプリメント(栄養補助食品)、健康食品
     
  2. これまでお使いのお薬が入院中になくなった場合は本院で処方します。同じお薬が本院にない場合は、同じ効果を持つ別のお薬に変更することになります。
    ※原則として、入院中はほかの医療機関を受診(投薬を含む)することはできません。

日常生活用品など

□下着類
□ねまき(ご希望に応じて、1日72円で貸出用の病衣を準備しています)
□洗面用具(歯ブラシ、歯みがき粉など)
□入浴用具(洗面器、シャンプー、石けん、バスタオル、ひげそりなど)
□食事用具(はし、スプーン、湯飲み、水筒など)
□普段使用しているコンタクトレンズ、メガネ、入れ歯、補聴器などとその保管容器
□日用品(ティッシュペーパー、タオル、ハンガーなど)
□病棟内での履き物(かかとを覆うタイプの滑りにくい靴をご持参ください。)

 ※スリッパや合成樹脂製サンダルなどは、転倒の原因となるため禁止しております。
□イヤホン(テレビやラジオを使用する場合に必要です。売店でも販売しています。)
□電化製品
 1) 持ち込み可能なもの
  シェーバ-、ドライヤー、ノートパソコン、ラジオ(イヤホン付)、携帯電話など
 2) 持ち込みできないもの

  テレビ、扇風機、加湿器、電気ポット、冷蔵庫、電気毛布、電熱器、ストーブ、
  燃料式カイロ・ライター・マッチ等の火気を伴うもの、その他、医師から持ち込みを禁止されたもの

注意事項

  1. 備え付け以外の電化製品の使用は、病棟の許可を受けてください。
  2. 持ち込まれた電化製品の管理は患者さんご自身でお願いいたします。紛失や破損の対応はできません。
  3. 多額の現金・カード・宝石などの貴重品は、お持ち込みにならないでください。
入院準備についてご不明な点は
■ 入院案内センター
 電話 052-741-2111(代表)
 (平日8:30~17:00)

 ※電話交換手に「入院案内センター」に取り次ぐようにお申し出ください。