診療科・部門

診療科・部門

もどる


医学研究・臨床倫理推進室 室長:飯島 祥彦(病院准教授)

大学及び病院で発生する様々な倫理的問題への支援

医学研究・臨床倫理推進室は、名古屋大学における人を対象とする研究にご参加いただく方々の権利・利益および尊厳を守り、研究者が倫理的に適切な研究をスムーズに実施していくことができるよう、支援を行っています。また、日常の臨床現場で遭遇する様々な倫理的問題について医療スタッフを支援する試みを行っています。


業務体制

病院准教授が、倫理委員会の事務局である経営企画課臨床審査公正係、総務課と連携して業務を行っています。

業務内容

各倫理審査委員会の運営、研究倫理および臨床倫理に関する支援を行っています。また、医学部や他学学生に対して生命倫理教育を行っています。

その他の取り組み

他の機関の倫理審査委員会外部委員、学会の倫理委員会外部委員などを行っています。

研究

近年の医学の発展がもたらす倫理・法・社会的問題について学際的研究を行っています。特に、臨床現場で発生する倫理的問題に対して法やガイドラインがどこまで役に立つか、その可能性と限界について多角的視野から研究を展開しています。

研究プロジェクト

  • 前臨床期を含めた認知症レジストリーシステム構築における倫理支援体制の構築、認知症研究開発事業、AMED、2016年04月~2021年03月
  • 医療現場の倫理問題への制度的関与の検討、基盤研究(C)、2016年04月~2019年03月
  • 中央治験審査委員会・中央倫理審査委員会基盤整備事業、技術専門員の評価実績に関する調査、AMED、2018年04月~2019年03月

2019年2月9日(土)第4回研究倫理を語る会を本学で開催いたします。詳細は第4回研究倫理を語る会ウェブサイトをご覧ください。皆様のご参加をお待ちしています。

https://confit.atlas.jp/guide/event/kenkyurinri4/top