診療科・部門

診療科・部門

もどる


医療機器総合管理部 部長:小寺 泰弘(教授)

より安全でより安心な医療器材の提供と管理

安全で安心な医療環境を提供するために、院内で使用される医療器材を管理することが役割です。


業務体制

病院における、医療機器および医療用消耗品の購入、滅菌や搬送等の管理業務の一元化、購入後の管理体制の不備や機種選定に係る不透明性等の排除、医療機器および医療用消耗品の適正な管理並びに効率的な設備投資を目指しています。
この業務を円滑に運用するために、医療機器総合管理部運営会議、医療機器選定委員会、内視鏡管理運営委員会、滅菌機器等運営委員会、SPD運営委員会が行われています。

業務内容

①医療機器・材料安全管理室を設置し、MDI(Medical Device Information)活動を通じて病院内で使用されるすべての医療機器情報を収集し、当該情報を病院内の関係各部に周知徹底するとともに、必要に応じて当該関係各部に当該情報への対応を依頼し、その対応状況について報告を受けるなど、医療機器に関する情報収集や広報を行っています。

②各種の医療機器および医療器具の洗浄、組立ておよび滅菌を行う中央材料室並びに内視鏡の洗浄、消毒および管理を行う内視鏡洗浄室の監督を行い、病院における滅菌した機器等に係る管理を最適化するために必要な助言・指導を行っています。

③各種の医療機器および医療用消耗品を購入する場合に公正な購入および適正な使用を行うため、医療機器選定委員会を開催し審議しています。

④耐久性のある医療機器を購入する場合に、病院内の関係各部間との調整や有効利用を審議するため医療機器総合管理部運営会議にて付議を行い、またそのことについて医療機器総合管理部としての意見を経営会議に付議を行っています。

⑤SPD(Supply Processing & Distribution)を運営管理し、病院内におけるすべての医療用消耗品および医薬品の購買、供給、搬送、消費、ロット番号等を一元管理しています。

以上の取り組みにより、医療の質と安全性の向上、安定的な病院経営基盤の実現を図ることを医療機器総合管理部の目的としています。