診療科・部門

診療科・部門

もどる


電子カルテ管理室 室長:松下 正(教授)

電子カルテの管理、課題対応を通して 病院運営を支える

電子カルテ管理室は、名大病院の電子カルテである病院情報管理システム及びカルテ情報の管理・運用等を行い、あらゆる診療情報を適切に管理し、安全な診療の提供及び医療の品質の向上のための支援を目的としたシステム管理部門です。 電子カルテや診療情報に関する要望や課題を整理し、対応を推進することで病院運営を支えます。


業務体制

室長、副室長及び室員(教員・医療従事者等)が、医事課の医療情報技師及び診療情報管理士と連携し、協力して業務に取り組む体制となっています。

業務内容

  • 電子カルテ(病院情報管理システム)の運用管理(ヘルプデスク対応含む)
  • 各種部門システムに関する運用支援
  • サーバ、端末、プリンター、ネットワーク機器等のハードウエア管理
  • 病院情報管理システムへの改善要望に対する対応方針の決定と実施
  • 情報セキュリティに関する管理と利用者への啓発活動
  • 次期システムに向けた医療情報化の更なる推進のための企画、提案
  • 診療情報の管理及び利活用に関する支援
  • その他病院情報管理システムの管理及び診療情報に関すること

病院情報管理システムについて

現在は2018年1月に稼働した第7次病院情報総合システムの運用・管理に取り組んでいます。2025年1月には次期(第8次)システムの稼働予定です。 さらに医療情報化を推進し、より良いシステムの稼働を目指します。