名古屋大学医学系研究科 消化器内科学

医学博士を取るために
(大学院生・研修生募集)

医学博士を取るために

1.臨床の基礎を身につけ、大学病院で研究を・・・

消化器内科の基礎研究及び臨床研究は、将来どのように実臨床で生かされるかが重要と考えます。そのため、まずは臨床の基礎力(基本的な知識・手技の取得、出来れば内科専門医および消化器系の専門医取得)を身に着けた上で、消化器疾患に関連した基礎的研究、あるいは臨床研究を大学院生として実践し、学位取得を目指して頂きます。

2.診療・治療技術だけではなく、科学的な考察力や研究立案の力をみにつけ、地域中核病院で・・・

消化器疾患には、まだまだ確立されていない疾患概念・治療法や、診断技術の進歩があります。大学で学位取得後に地域の中核地域の中核病院での臨床医師として派遣された場合は、一般の臨床、若手医師の教育に加えて、大学での研究力を生かした臨床研究を行って頂きます。

3.臨床の力を身につけ、消化器科専門医として開業。

地域の中核病院で研修修了後、臨床医としての勤務を継続し、消化器領域の専門医資格を習得後に開業、あるいは大学で研究を行い学位習得後に開業して頂く医師も多くいます。東海地区の消化器専門的医療を維持するという責任とのバランスを保ちながら、個々の先生方の要望に極力応えるように医局を運営しています。

入局後のキャリアプラン

入局を希望される方へ

名古屋大学消化器内科では、広く全国から、大学院生・研修生を積極的に募集しております。
希望される方は名古屋大学消化器内科医局(hisho-shokaki1@med.nagoya-u.ac.jp)までお気軽にご連絡ください。
大学院受験が契機になりますので本人のライフステージにあわせて時期を選択してもらっています。帰局時期は上記のように卒後7~8 年を目安にしていますが、研究希望の方は早めに帰局することや家庭の状況に合わせて相談しますのでお気軽にお問い合わせください。

下記のアドレス宛にお申込みください。

  • 1.メールアドレス:hisho-shokaki2@med.nagoya-u.ac.jp
  • 2.迷惑メールと区別するため、メールタイトルを『入局希望』と明記してください。
  • 3.メールには必ず下記を記入してください。
    ・氏名(ふりがな)
    ・携帯番号
    ・履歴、職歴(○○年 ○○大学入学 等)

見学の当日は履歴書(写真不要)をご持参ください。