名古屋大学医学系研究科 消化器内科学

教室紹介年間行事

消化器内科は医師以外のスタッフとも協力していくつかの年間行事を行っています。

1月・7月 東海内視鏡セミナー

内視鏡にて診断・治療した示唆に富む症例を各病院から募集し、コンテスト形式で症例検討を行います。
症例が珍しいかだけでなく内視鏡画像の美しさ、理論的な思考、病理と内視鏡の対比など様々な点から議論を行い消化器内視鏡の魅力と学術的意義を学ぶセミナーとなっています。
帰局前の先生を中心に発表を行いますが、各病院上級医の先生の指導も問われるためレベルの高い発表が多いです。

3月・9月 レジデントセミナー

大学が中心となり関連施設と協力して年に2回、主に卒後5年目までの医師を対象としてレジデントセミナーを行っております。
レジデントセミナーでは研修医を終えて消化器内科の専門医として働くうえで実際に臨床で使える内容をできるだけ興味を持ってもらえるように講義をするように工夫しています。
また大学の教員と各病院で活躍する若手の先生が積極的に交流できる場を提供するのも一つの目的としています。

4月 花見

名大病院は名古屋市でも有数の桜の名所である鶴舞公園に隣接しています。 そのため毎年病棟からも素晴らしい 桜並木を楽しむことができます。
業務終了後に職種を問わず 多くのスタッフが参加をする花見を開催しています。

6月 同門会

名古屋大学消化器内科は歴史が長く、多くの諸先輩方の力により現在も支えられております。400名以上の同門会員が一堂にあつまる同門会では大学院や研修医時代の仲間が集まり、旧交を温め近況を報告する賑やかで盛大な会が催されます。
医局の人事ではいくつかの病院を回ることが多いですが、卒年順に配置された 各テーブルではとても盛り上がります。

7月 納涼会

伝統的に7月に納涼会を行っております。目的は医師から看護師やコメディカルスタッフに感謝を伝えることとお互いを知ることでより良いコミュニケーションをとることです。
実際は希望者による出し物や景品争奪戦などが繰り広げられる楽しい宴会となっております。

12月 忘年会

関連病院などが集まって行う忘年会とは別に名古屋大学消化器内科の忘年会も行なっています。
忘年会では医局長の独断と偏見による楽しい1年間の振り返りスライドは毎年流されています。 (ネタになるようなイベントを引き起こしますとここで振り返られてしまいます。)
豪華景品があたるビンゴに多くの人が参加しますが、なぜか一番乗りは看護師さんが多いです。

12月 仕事納め

消化器内科の医局のフロアは腎臓内科と神経内科と共有しています。最終勤務日の業務終了後に共有フロアに集まりささやかな仕事納めを行っています。
ピザやケーキ、ビールに加えて毎年 天むすやコンパルのサンドイッチなどがしれっとおかれていることに若干の名古屋感を感じます。