放射線科紹介

量子医学分野 教授 長縄 慎二 (Shinji Naganawa)

長縄 慎二

専門領域

頭頸部画像診断、MRI全般

研究テーマ

脳神経MRI 特に、メニエール病の内リンパ水腫画像

余暇の過ごし方

街歩き、映画鑑賞、フィットネスなど

その他

スタッフ全員が楽しく、実り多い仕事や学習ができるようにすることが私の役割です。
それぞれの特性、事情などに出来るだけ配慮しつつ、公平性とのバランスを取ることに努めています。
研究面では日本からのオリジナルな情報発信を第一義としています。

関連リンク 関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 病院教授 伊藤 善之 (Yoshiyuki Itoh)

伊藤 善之

専門領域

放射線腫瘍学一般

研究テーマ

至適な集学的治療法の確立
放射線治療の局所制御率の改善に関する研究
新しい温熱療法の機器開発とその臨床応用
放射線治療の均てん化

余暇の過ごし方
読書、食べ歩き、家族旅行(温泉)

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

寄附講座 教授 竹原 康雄 (Yasuo Takehara)

竹原 康雄

専門領域

磁気共鳴医学、胆、膵、血管

研究テーマ

新しい画像診断法開発と医療への応用、磁気共鳴医学、血流解析

余暇の過ごし方

映画鑑賞、読書、犬の散歩

その他

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線部准教授 佐竹 弘子 (Hiroko Satake)

佐竹 弘子

専門領域

画像診断一般

研究テーマ

乳癌の画像診断、特にMRI

余暇の過ごし方

ピアノ 旅行

一言

画像から発信される情報をとりまとめ、病態や患者さんの状態を判断し、主治医に提供することが画像診断医の役割と考えています。そのために、画像を読影する時は、常に患者さんを診ている意識を持って取り組むようにしています。
勉強することは多いですが、画像診断には多くの魅力があります。興味のある方、是非一緒に働きましょう。

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

病院准教授 田岡 俊昭 (Toshiaki Taoka)

田岡 俊昭

専門領域

MRI、神経放射線診断

研究テーマ

MRI による脳機能画像(主に拡散画像)

余暇の過ごし方

写真、「Photo-therapy」と勝手に称して、暇がなくても撮ってます。

その他

2015年4月から名大放射線科でお世話になっております。以前は奈良医大におりました。おかげさまで名大では楽しくやらせて頂いております。

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

量子医学 准教授 岩野 信吾 (Shingo Iwano)

岩野 信吾

専門領域

胸部画像診断、核医学

研究テーマ

胸部CTのコンピュータ支援診断

余暇の過ごし方

趣味はダイエットですが、なかなか上達しません。

その他

画像診断に関しては胸部領域を得意としています。読影レポートを書くときには、単に所見を記載するだけでなく、できるだけ治療方針決定に役立つように心がけています。
治療に関しては分化型甲状腺癌の放射性ヨウ素内用療法を担当しています。これまで500例以上の入院治療を担当しており、愛知県内ではトップクラスの治療数と思います。

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

量子介入治療学 准教授 大宝 和博 (Kazuhiro Ohtakara)

大宝 和博

専門領域

放射線治療

研究テーマ

光子線を用いた高精度放射線治療の物理と臨床、特に中枢神経、頭頚部、肺、肝、泌尿器系など

余暇の過ごし方

旅行、音楽鑑賞など

その他

2017年2月よりお世話になっております。かなり遠回り(?)をして放射線治療の重要性を認識し専門として今に至ります。
同等の効果(予後)見込みであれば、負担の少ない治療を選びたいというのが多くの患者さんの率直な思いでしょう。今後もいっそうの発展が望まれる放射線治療の改善に少しでも貢献できるよう努めていきたいと思います。

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 講師 川井 恒 (Kawai Hisashi)

川井 恒

専門領域

MRI、中枢神経画像診断

研究テーマ

MRI撮像法の臨床応用

余暇の過ごし方

音楽鑑賞/演奏、読書など

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

【医局長】放射線科 講師 石垣 聡子 (Satoko Ishigaki)

石垣 聡子

専門領域

画像診断一般

研究テーマ

乳癌・消化管の画像診断

余暇の過ごし方

旅行、ヨガなど

その他

放射線科の中でも画像診断は時間の融通がきくので、女性でも定年まで働くことができると思い入局を決め、今に至っています。直接治療に携わることはありませんが、画像から得られる情報は多く、画像診断の立場から診療のお手伝いができたらと考え、日々診療に取り組んでいます。
また、当科では通常の画像診断に加え、乳腺・甲状腺の超音波診断を外来で行っております。
乳腺・甲状腺疾患に興味がある方、是非、一緒に働きましょう。
女性医師、大歓迎です!

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線部 助教 岡田 徹(Tohru Okada)

岡田 徹

専門領域

放射線治療一般、重粒子線治療

研究テーマ

難治がんに対する重粒子線治療、心臓悪性腫瘍、放射線による心筋障害、分子標的薬剤と放射線治療

余暇の過ごし方

読書

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 助教 伊藤 信嗣 (Shinji Ito)

伊藤 信嗣

専門領域

画像診断一般、核医学

研究テーマ

腫瘍PET、甲状腺癌術後I-131アブレーション

余暇の過ごし方

旅行

その他

私は画像診断の中でも核医学、とくにPET(positron emission tomography)を専攻としています。
CT、MRI、超音波検査がX線や磁場を用いた形態診断であるのに対し、核医学検査は放射線同位体を用いて病態を血流や代謝の側面から機能診断を行う検査です。核検査そのものはCT、MRIが世に現れるするよりもずっと前から存在し、50年以上の歴史を有しています。しかし、体内に投与した放射線同位体から放出される放射線を、体外に置かれた検出器が捕らえて画像化するという性質上、画質がCT、MRIより劣り、また、認知度も高いとはいえない検査でした。2000年代に入り、糖代謝を画像化するFDG(fluoro-deoxyglocose)-PETが保険適応となり、加えて、CTとの融合画像を撮影するPET/CTの技術が進んだことで、画質の劣る部分もCTによって補完されました。こうして、PETは癌の診断において、その重要性が健診やほかの診療科から見直され、いまや、腫瘍を取り扱う診療においてはなくてはならない放射線検査の一つとなっています。また、少し専門的になりますが、新たなPET製剤の開発も進んでおり、臨床研究も活発に進められています。今後も多くの成果が期待される分野です。
私は、研究テーマのメインを腫瘍PETに据え、また、核医学の中でも放射性同位体を治療に用いる状腺癌のI-131内用療法にも携わりながら、臨床医として充実した日々を送っています。

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 助教 駒田 智大 (Tomohiro Komada)

駒田 智大

専門領域

画像診断、IVR

研究テーマ

3Dプリンタによる血管モデルの作成

余暇の過ごし方

ランニング、フットサル

その他

臨床と研究を通じて、社会貢献できるように日々努力していきたいと考えております。

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 助教 小川 浩 (Hiroshi Ogawa)

小川 浩

専門領域

画像診断一般

研究テーマ

胆膵疾患のマルチスライスCT診断

余暇の過ごし方

登山・ハイキング、水泳

その他

いつも楽しく

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 助教 松島 正哉 (Masaya Matsushima)

松島 正哉

専門領域

画像診断、IVR

研究テーマ

未定

余暇の過ごし方

読書、テニス、サッカー(息子と)

その他

丁寧で正確な診療を心がけたいと思います。

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 病院助教 加茂前 健 (Takeshi Kamomae)

加茂前 健

専門領域

放射線治療物理学

研究テーマ

高精度放射線治療,放射線計測

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 病院助教 熊谷 始紀 (Motoki Kumagai)

熊谷始紀

専門領域

放射線治療物理学

研究テーマ

作成中です

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線部 病院助教 中根 俊樹 (Toshiki Nakane)

中根 俊樹

専門領域

画像診断一般

研究テーマ

脳機能画像、脳解剖画像

余暇の過ごし方

読書、音楽鑑賞など

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 病院助教 川村 麻里子 (Mariko Kawamura)

川村 麻里子

専門領域

放射線治療一般

研究テーマ

乳癌治療(部分照射、陽子線根治照射)

余暇の過ごし方

美味しいものを食べに行く、子供と遊ぶ

その他

モットーは「良い(いい)加減に頑張る」

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 病院助教 伊藤 淳二 (Jyunji Ito)

伊藤 淳二

専門領域

作成中です

余暇の過ごし方

作成中です

その他

作成中です

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 病院助教 櫻井 悠介 (Yusuke Sakurai)

櫻井 悠介

専門領域

画像診断一般、産婦人科領域画像診断

余暇の過ごし方

旅行、音楽鑑賞、写真

その他

放射線科のよいところは全身を対象としていて、技術の進歩も日進月歩なので興味がつきないところや、比較的自分のペースで仕事を進められるところかなと思っています。ただその分勉強は大変です!名古屋大学の放射線科は比較的自由な雰囲気です。また、非常勤や異動などで、関連病院の先生方とも絶えず交流があります。興味ある方、是非一緒に働きましょう!

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 病院助教 中道 玲瑛 (Rei Nakamichi)

専門領域

画像診断一般

余暇の過ごし方

音楽鑑賞/演奏、映画鑑賞など

その他

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

寄附講座助教 太田 康宣 (Yasunori Ota)

太田 康宣

専門領域

画像診断一般

余暇の過ごし方

ウインドウショッピング、インテリア用品収集 

その他

放射線科は治療、診断でも奥が深く、挑戦の余地は限り無く広いと思います。 撮影装置や治療装置も新しいものが次々と開発されており、それらを臨床で導入されつつあり、今後とも将来性が期待される分野だと考えています。自分は診断 を専門にしており、画像所見に関する知識も勿論ですが、その基礎となる全身の臓器や疾患に精通している知識も要求され、日々学習していくことが不可欠で す。それでもやりがいがあり、自分が読影して導きだした見解が診療の一助となり、主治医の先生や患者さんから感謝されたら感激ものです。自分のこだわり は、以前から変わらずあり続ける人体の解剖学的な構造に基づいて画像を読影していくというモダンなアプローチで、画像診断を進めていくことです。基礎的な ことですが、それこそが画像診断に最も重要と考えています。数ある診療科の中で、臨床の場で前線に立つ機会は少ない科ですが、重要な役割を担っていると考 えています。興味をお持ちの方は是非、医局に来て魅力を実感してもらいたいです。

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

放射線科 病院助教 兵藤良太 (Ryouta Hyodo)

兵藤 良太

専門領域

作成中です。

研究テーマ

未定

余暇の過ごし方

作成中です。

その他

作成中です。

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

病院助教 伊藤 倫太郎 (Rintaro Ito)

伊藤 倫太郎

専門領域

作成中です。

余暇の過ごし方

旅行・写真

その他

放射線科の魅力は全身のいろんな疾患について知ることができることです。

関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る

   

医員 木村 香菜 (Kana Kimura)

木村 香菜

出身大学

名古屋大学(H22年度卒)

放射線科医になった理由

平成24年度に入局しました木村香奈です。私が放射線治療を専門にしたいと考えたきっかけは、学部生のときの入局説明会で、放射線治療により肺癌が完全奏功(CR)し、見事消失した胸部レントゲンを示していただいたことでした。
放射線治療はこれからますます需要が高まる分野と思います。
治療か診断に関わりなく、この名古屋大学医学部放射線科で一緒に働いてくださる先生方をお待ちしています。

放射線科の魅力

作成中です。

余暇の過ごし方

作成中です。

スタッフ一覧のページに戻る

医員 大家 祐実 (Yumi Oie)

大家 祐美

出身大学

島根医科大学(H20年度卒)

放射線科医になった理由

放射線治療の醍醐味はやはり根治を目指した治療ができることだと思います。
治療後、元気になった患者さんにお会いする度に、この仕事を選択してよかった
なと感じます。
また、緩和領域でも放射線治療は欠かすことはできず、本当にほとんどの癌治療に携わることができることも魅力です。

放射線科の魅力

癌患者さんの急増に伴い、治療技術も急速に進歩しています。日々、知識を
ブラッシュアップして最適な治療を提供できるように頑張りたいと思います。

余暇の過ごし方

子供と遊ぶ

スタッフ一覧のページに戻る

医員 松本 篤子 (Atsuko Matsumoto)

松本 篤子

出身大学

関西医科大学(H22年度卒)

放射線科医になった理由

作成中です。

放射線科の魅力

作成中です。

余暇の過ごし方

作成中です。

スタッフ一覧のページに戻る

   

医員 佐々木 裕太郎 (Yutaro Sasaki)

佐々木 裕太郎

出身大学

岩手医科大学(H28年度卒)

放射線科医になった理由

解剖がすきであったのと、岩手医科大学で働いていた先輩の姿をみて、憧れたからです。

放射線科の魅力

ほぼ全ての診療科疾患に精通しており、偏りがないところに魅力を感じました。

余暇の過ごし方

ロードバイクで、景勝地を走り、その土地のグルメを堪能しています。

スタッフ一覧のページに戻る


医用量子科学講座 教授 加藤 克彦 (Katsuhiko Kato)

加藤 克彦

名古屋大学大学院医学系研究科 医療技術学専攻医用量子科学講座 教授
博士(医学)1960年生

専門分野

核医学、ポジトロン核医学、放射線科学

研究課題

ポジトロン核医学に関する研究、核医学画像診断、甲状腺機能亢進症の131I内用療法

担当授業科目

核医学診断技術学Ⅰ・Ⅱ、放射線医薬品学、放射線計測学Ⅱ、放射線計測学Ⅱ実験、核医学診断技術学実習A・B、核医学画像処理論、臨床核医学診断技術学研究Ⅰ・Ⅱ、核医学診断技術学実習(in vitro)(以上放射線技術科学専攻)、放射性同位元素臨床検査技術学及び実習(検査技術科学専攻)、放射線医学(看護学専攻)、医用量子科学特別研究Ⅰ、Ⅱ、医用量子科学実習Ⅱ、機能画像認知解析学特論、生体情報学概論、大学院博士課程後期課程では核医学検査技術学特講、核医学検査技術学特講実習、医用量子科学特別研究Ⅱ、健康増進科学、現代医療と生命科学

関連リンク 関連リンク 関連リンク

スタッフ一覧のページに戻る