HOME 更新履歴会長挨拶学会概要演題募集日程表参加者へのご案内問い合わせ交通案内
   
     
 
 ▶プログラム

 特別プログラム (pdf)  一般口演 (pdf) ポスター (pdf)

  ■ 特別講演
   「手術部位感染症(SSI)の予防対策」
   八木 哲也
   (名古屋大学大学院医学系研究科 臨床感染統御学分野 教授)
   司 会:亀井  譲(名古屋大学 形成外科)
   日 時:7月6日(木) 11:00 〜 12:00
   会 場:第1会場(メインホール)

  ■ 招待講演
   「Tissue Engineering with Biomaterials. Soft, Elastic,
   Biodegradable Scaffold Design Guided by the Role of
   Mechanics in Tissue Remodeling」
    William R. Wagner
     (Director of the McGowan Institute for Regenerative Medicine,
      Professor of Surgery, Bioengineering and Chemical Engineering,
      University of Pittsburgh)

   司 会:中塚 貴志 (埼玉医科大学 形成外科)
   日 時:7月7日(金) 11:00 〜 12:00
   会 場:第1会場(メインホール)

   ■ 討論会
   「再生医療の未来」
   司 会:水野 博司 (順天堂大学 形成外科)
   討論者:磯貝 典孝 (近畿大学 形成外科)
        吉村 浩太郎 (自治医科大学 形成外科)
        森本 尚樹 (関西医科大学 形成外科)
        田中 里佳 (順天堂大学 形成外科)
   日 時:7月6日(木) 13:40 〜 14:40
   会 場:第1会場(メインホール)

   ■ シンポジウム1
   「NPWTの限界-手術はいつするのか、今でしょ−」
   日 時:7月6日(木) 9:05 〜 10:15
   会 場:第1会場(メインホール)
   司 会:細川  亙 (大阪大学 形成外科)
       清川 兼輔 (久留米大学 形成外科・顎顔面外科)
   SY1-1 当院における陰圧閉鎖療法146例の検討
       梅澤 和也 (山梨県立中央病院 形成外科)
   SY1-2 NPWTの限界とその対策
       黒川 正人 (熊本赤十字病院 形成外科)
   SY1-3 腱・骨露出創に対するNPWTの限界~Perifascial areolar
       tissue (PAT) 移植の手術適応アルゴリズムの提唱~
       宮永 亨  (金沢医科大学 医学部 形成外科)
   SY1-4 当院における過去3年間で陰圧閉鎖療法および
       創内持続陰圧洗浄療法を用いた症例の検討
       長谷川 泰子(神戸大学大学院医学研究科 形成外科学)
   SY1-5 皮弁術後の創感染症例における、創閉鎖術に向けた
       着脱式間歇洗浄型陰圧閉鎖療法
       市川 佑一 (静岡県立静岡がんセンター
                     再建・形成外科)

   ■ シンポジウム2「人工物の感染に対するストラテジー」
   日 時:7月7日(金) 8:55 〜 10:15
   会 場:第1会場
   司 会:大慈弥 裕之(福岡大学 形成外科)
       館  正弘 (東北大学 形成外科)
   SY2-1 当科における人工物感染の治療方針
       梅川 浩平 (獨協医科大学 形成外科学)
   SY2-2 抜去困難な人工物の感染例の検討
       中村 優  (名古屋大学 形成外科)
   SY2-3 感染創における取り除けない人工物・置換が
       必要な人工物へのわれわれのストラテジー
       榊原 俊介 (兵庫県立がんセンター 形成外科)
   SY2-4 人工血管感染を伴う縦隔洞炎に対する我々の治療戦略
       井野 康  (久留米大学医療センター 形成外科)
   SY2-5 脳神経外科術後の難治性潰瘍・人工物感染に対する治療戦略
       前田 拓  (北海道大学 形成外科)
   SY2-6 エキスパンダー感染制圧のストラテジー
       :K-systemの有効な使用法
       梶川 明義 (聖マリアンナ医科大学 形成外科)

   ■ シンポジウム3
   「マイクロサージャリ―を用いた頭頚部領域の再手術」
   日 時:7月6日(木) 9:05 〜 10:15
   会 場:第1会場
   司 会:櫻井 裕之 (東京女子医科大学 形成外科)
        関堂  充 (筑波大学 形成外科)
   SY3-1 頭蓋骨再建の再手術におけるfree flap移植の適応
       福田 憲翁 (獨協医科大学 形成外科)
   SY3-2 既頚部郭清例における頭頚部遊離皮弁再建の検討
       兵藤 伊久夫 (愛知県がんセンター中央病院 形成外科)
   SY3-3 頭頸部の既手術部位を遊離皮弁で再建する際の
        吻合血管選択に関する考察
       橋川 和信 (神戸大学 形成外科)
   SY3-4 複数回の遊離皮弁再建における移植床血管の検討
       中川 雅裕 (静岡県立静岡がんセンター 形成外科)
   SY3-5 頭頸部再手術例における血管選択
       櫻庭  実 (岩手医科大学 形成外科)

   ■ スポンサードシンポジウム
   「ケロイド治療の進歩 -基礎から臨床まで-」
   日 時:7月7日(金) 15:05 〜 16:25
   会 場:第1会場
   司 会:鈴木 茂彦 (京都大学 形成外科)
        小川  令 (日本医科大学 形成外科)
   共 催:キッセイ薬品工業株式会社
   SY4-1 ケロイド治療の進歩 -基礎から臨床まで-
       赤石 諭史 (日本医科大学 形成外科)
   SY4-2 当科におけるケロイド切除の適応とその時期について
       長尾 宗朝 (岩手医科大学 形成外科)
   SY4-3 超音波診断機器を用いたケロイド・瘢痕の評価
       山脇 聖子 (福井赤十字病院 形成外科)
   SY4-4 外科的治療・ステロイド局所投与・術後電子線照射療法を
        軸としたケロイド治療戦略の再検討
       清水 史明 (大分大学 形成外科)
   SY4-5 ケロイドの新治療の探求 
       -既存の治療法や既存薬剤を活かして-
       林  利彦 (北海道大学 形成外科)
   SY4-6 ケロイドの新規治療法開発を目指した組織学的解析
       岡部 圭介 (慶應義塾大学 形成外科)

   ■ パネルディスカッション
   「神経損傷の治療up date」
   日 時:7月6日(木) 9:47 〜 10:57
   会 場:第2会場
   司 会:林  礼人 (順天堂大学 形成外科)
   PD1-1 イカ軸索を用いた神経軸索機能再建の可能性に関する検討
       成島 三長 (三重大学 形成外科)
   PD1-2 伸展刺激を付加した末梢神経が創傷治癒に及ぼす影響
       藤原 敏弘 (日生病院 形成再建外科)
   PD1-3 ダイレクト・リプログラミングを用いた
        シュワン細胞移植による神経損傷治療
       素輪 善弘 (京都府立医科大学 形成外科)
   PD1-4 自家神経と神経再生誘導チューブの
       組み合わせによる神経修復
       高成 啓介 (名古屋大学 形成外科)
   PD1-5 腫瘍切除後に神経再生誘導チューブ
       (ナーブリッジ®)を用いた神経再建の経験
       安倍 吉郎 (徳島大学 形成外科)

   ■ パネルディスカッション
   「CLIにおける患肢温存への挑戦」
   日 時:7月6日(木) 13:40 〜 15:10
   会 場:第2会場
   司 会:鳥山 和宏 (名古屋市立大学 形成外科)
   PD2-1 Foot Attackを制御して救肢する
       藤井 美樹 (北播磨総合医療センター 
                形成外科・重症虚血肢センター)
   PD2-2 神戸分類type4における患肢温存の挑戦
       辻  依子 (新須磨病院 形成外科・創傷治療センター)
   PD2-3 慢性透析患者下肢潰瘍における患肢温存への挑戦
       村尾 尚規 (北海道大学 形成外科)
   PD2-4 いわゆるEVT firstでの血行再建と患肢温存への取り組み
       -EVTと遊離皮弁による下肢救済について―
       山本 直人 (新東京病院 形成外科)
   PD2-5 患肢温存のための血行再建戦略 
       当院におけるバイパス手術の役割
       古川 雅英 (大分岡病院 形成外科)
   PD2-6 重症下肢虚血に対する血行再建と遊離皮弁移植
       石川 昌一 (埼玉医科大学 形成外科)
   PD2-7 増え続ける大切断~その適応について~
       佐藤 精一 (大分岡病院 形成外科)

   ■ パネルディスカッション
   「毛髪治療の基礎と臨床」
   日 時:7月7日(金) 8:55 〜 10:15
   会 場:第2会場
   司 会:貴志 和生 (慶應義塾大学 形成外科)
   PD3-1 毛包原基の大量調製のための培養容器開発
       福田 淳二 (横浜国立大学 工学研究院)
   PD3-2 脱毛症における薬物治療
       佐藤 明男 (東京メモリアルクリニック・平山)
   PD3-3 楔状切開と術中尿道バルーンカテーテルを用いて
       組織拡張を行った頭部瘢痕性脱毛症の治療
       松尾 伸二 
       (四国こどもとおとなの医療センター 形成外科)
   PD3-4 脱毛症に対するBENEV治療と脂肪幹細胞治療
       鎌倉 達郎 (聖心美容クリニック)
   PD3-5 最新の植毛手術の実際
       長井 正寿 (ルネッサンスクリニック福岡院)
   PD3-6 ロボットを用いた毛根採取法
       蛯沢 克己 (ルネッサンスクリニック)


   ■ 第10回日本創傷外科学会教育セミナー2017        
   日時:第1日目/平成29年7月6日(木) 15:20 〜 17:00
   会場:第1会場 長良川国際会議場 メインホール
   司会:松田 健(新潟大学医学部 形成外科教室)
    1. 「顔面骨骨折の治療」
       講師:前川 二郎(横浜市立大学医学部 形成外科)
    2. 「熱傷の局所治療」
       講師:木村 中(函館中央病院 形成外科)
   司会:前川 二郎(横浜市立大学医学部 形成外科)
    3. 「褥瘡の予防と治療」
       講師:林 礼人(順天堂大学医学部 形成外科)
    4. 「外傷・腫瘍切除後の下肢再建」
       講師:古川 洋志(北海道大学医学部 形成外科)
    5. 「末梢神経損傷の治療」
       講師:松田 健(新潟大学医学部 形成外科教室)

   ■ ランチョンセミナー1
   「誰にでもできた顔面骨3Dモデルの作成」
   日 時:7月6日(木) 12:10 〜 13:10
   会 場:第1会場
   司 会:井砂  司 
       (東京女子医科大学東医療センター 形成外科 教授)
   「3Dモデルのオーダーシステムとその現況」
       中尾  崇 
       (東京女子医科大学東医療センター 形成外科 助教)
   「顔面骨骨折の治療における3Dモデルの実際Ⅰ」
       吉武 光太郎
       (埼玉医科大学病院 形成外科美容外科 助教)
   「顔面骨骨折の治療における3Dモデルの実際Ⅱ」
       峯田 一秀 
       (徳島大学医学部 形成外科 助教)
   共 催:メディカルユーアンドエイ株式会社

   ■ ランチョンセミナー2
   「卓越した創傷管理」
   日 時:7月6日(木) 12:10 〜 13:10
   会 場:第2会場
   司 会:清川 兼輔
       (久留米大学 形成外科・顎顔面外科 主任教授)
   「創感染への多角的アプローチ」
       松村  一 (東京医科大学 形成外科 主任教授)
   「NPWTで叶う!これからの創傷治療」
       藤井 美樹
       (北播磨総合医療センター 形成外科 主任医長)
   共 催:スミス・アンド・ネフュー ウンドマネジメント株式会社

   ■ ランチョンセミナー3
   日 時:7月6日(木) 12:10 〜 13:10
   会 場:第3会場
   司 会:上田 晃一 (大阪医科大学 形成外科 教授)
   「創傷治療の戦略における、技術とマテリアルの熟成」
       赤松  順 (近森病院 形成外科 部長)
   共 催:アルケア株式会社

   ■ ランチョンセミナー4
   「Back to Basic (基礎から学ぶNPWT)」
   日 時:7月7日(金) 12:10 〜 13:10
   会 場:第1会場
   司 会:中西 秀樹 (徳島大学名誉教授
       田岡病院形成外科・創傷治癒センター長)
   「Back to Basic (基礎から学ぶNPWT)」
       橋本 一郎 (徳島大学 形成外科 教授)
       安田  浩
       (産業医科大学 形成外科 准教授 診療科長)
   共 催:ケーシーアイ株式会社

   ■ ランチョンセミナー5
   「ナーブリッジの基礎と臨床」
   日 時:7月7日(金) 12:10 〜 13:10
   会 場:第2会場
   司 会:中塚 貴志 (埼玉医科大学 形成外科 教授)
   「脂肪由来幹細胞とナーブリッジによる末梢神経の再生について」
       多田  薫 (金沢大学 整形外科 助教)
   「ナーブリッジを用いた末梢神経再建の手術手技」
       高見 昌司 (関西電力病院 形成再建外科
                    形態機能再生センター長)
   共 催:東洋紡株式会社

   ■ ランチョンセミナー6
   日 時:7月7日(金) 12:10 〜 13:10
   会 場:第3会場
   司 会:川上 重彦 (金沢医科大学 形成外科 名誉教授)
   「Wound Care に対する救急医の取り組みー
          形成外科・皮膚科との連携も含めてー」
       平川 昭彦 (藤田保健衛生大学 災害・外傷外科 教授)
   共 催:科研製薬株式会社

   ■ イブニングセミナー
   日 時:7月6日(木) 17:10 〜 18:10
   会 場:第1会場
   司 会:高成 啓介 (名古屋大学 形成外科 講師)
   「Developing Injectable Biomaterials for Applications in
   Cardiac Failure and Other Soft Tissue Settings」
       William R. Wagner
   (Director of the McGowan Institute for Regenerative Medicine,
   Professor of Surgery, Bioengineering and
   Chemical Engineering, University of Pittsburgh)
   共 催:
   株式会社 ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)












HOME
更新履歴会長挨拶学会概要演題募集プログラム参加者へのご案内利益相反託児室のご案内宿泊のご案内問い合わせ交通案内LINK