名古屋大学大学院医学系研究科 細胞情報医学専攻 頭頸部・感覚器外科学講座 耳鼻咽喉科学 / 認知言語医学

教室の研究について

耳鼻咽喉科学は、みみ、はな、のどを対象として、この領域における疾患の理解と治療に関する学問体系を含む。人間の五感でいえば視覚以外の感覚に直接関与しており、コミュニケーションに極めて重要な領域である。発声器官である喉頭と、その聞き取りを担う耳のほか、嗅覚、味覚なども対象となる。耳では聴覚だけでなく、半規管や前庭などと関連して平衡覚も対象となる。感覚器障害や頭頸部領域の腫瘍が、実際の治療対象となることが多いが、腫瘍の治療では発声、嚥下機能などをどのように維持して治療するかなど研究課題は多い。

認知・言語医学では、補聴器でも会話ができない人を対象として行われる人工内耳に関する研究が含まれる。

研究テーマ

  • 突発性難聴などの急性感音難聴
  • 難治性聴覚障害に関する調査研究 ⇒詳細はこちら(PDF)
  • 前庭水管拡大症などの遺伝性難聴
  • 内耳血流障害学
  • 内耳の画像診断
  • 蝸牛内視鏡の開発
  • メニエール病におけるゲンタマイシン治療
  • 眼球運動の3次元解析による平衡機能の評価
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 耳鼻咽喉科領域におけるナビゲーションサージェリー(含頭蓋底外科)
  • 頭頸部腫瘍における嚥下障害
  • 外耳道がんに対する手術治療 ⇒詳細はこちら(PDF)
  • COVID-19患者における気管切開術の適応に関する検討 ⇒詳細はこちら(PDF)