講座について

活動・研究について

その他



お問い合せ

地域医療教育学講座事務局
TEL. 052-744-2031
住所.〒466-8550
名古屋市昭和区鶴舞町65
医系研究棟3号館9階901号室
名古屋大学大学院医学系研究科
地域医療教育学寄附講座
MAILでのお問い合せはこちら

地域枠学生の研究テーマ


3年生後期から「基礎医学セミナー」で各自のテーマについて研究を行います。
年度末の発表会に加え、当講座では、翌年度に国内または国際学会でも発表を行っています。


※基礎医学セミナー発表順(口頭、ポスター)で掲載しています。

平成23-平成27年度

  • H23-H27年度学生研究テーマ

  • 平成28年度

    ・医・薬・看護学生対象の多職種連携教育におけるチームコミュニケーションの評価 :社本 賢昭
    ・多学部学生の協働による患者教育プログラムを用いた多職種連携教育(IPE)の効果 :加藤 真由子
    ・チーム医療による家族の潜在的ニーズ :髙木 伯馬
    ・臨床実習における多職種連携教育(IPE)に参加した学生の多職種連携医療に対する認識:清水 絢子
    ・リウマチ寛解基準へのPGA導入過渡期の患者の類型化 :中村 里香

    平成29年度

    ・DDS(Diabetes Distress Scale)17日本語質問票の開発 :松本 大英
    ・臨床実習における医・薬・看護学生対象多職種連携教育(IPE)の評価 :鈴木 日向
    ・高齢者の演劇ワークショップに参加したスタッフの気づき :山森 惇士
    ・学生による糖尿病教室が医療者に及ぼす影響 :石田 航大
    ・医師の共感の経年変化に関する質的探索的研究 :當山 萌香

    平成30年度

    ・日本とスコットランドの認知症ケアに対する多職種連携の在り方
    ~看護師の語りによる質的分析~ :若林 唯
    ・1年次における医・薬合同多職種連携教育プログラムの効果 :浅井 遼太
    ・総合診療科専攻医における共感の認識構造 :今来 茜
    ・Diabetes Distress Scale(DDS)日本語版と患者背景因子の関係 :高見 音宇
    ・「認知症の主介護者のコーピング形態の変化」に関する質的研究 :玉田 雄大

    令和元年度

    ・医療者教育ワークショップ「糖尿病劇場」の医療者劇場スタッフに生じる学び
    -エンパワーメントに向けて- :山田 聡
    ・スコットランドと日本における介護支援に対する認知症家族介護者の認識 :安藤 大貴
    ・外来実習と医療面接ピア・ロールプレイ実習を融合させた実習プログラムにおける、
    医師役学生の臨床推論への認知的不協和による影響に関する探索:質的研究  :佐橋 一輝

    令和2年度

    ・医療者向け参加型教育ワークショップ「糖尿病劇場」の参加者への影響 :安部 瞭太郎
    ・愛知県の地域枠医学生及び卒業生の地域枠に関する認識  :井上 理香子
    ・医学教育参画が認知症当事者に与える影響の質的探索的研究 :北原 康太郎
    ・地域医療に従事する指導医が研修医教育に関わり続ける理由 -研修医向け勉強会に関わるある指導医のインタビューによる質的研究- :増田 綾香
    ・名古屋大学医学生の在学中および卒業後における学会発表や論文作成に関する調査 :宮良 紋奈