About us

 私たちは、日本など東アジアに多い難病の一つである慢性活動性EBウイルス感染症とその類縁疾患である種痘様水疱症・蚊刺過敏症・EBV関連血球貪食性リンパ組織球症を研究しています。


What is EB Virus?

 EBウイルス(Epstein-Barr virus)とはヘルペスウイルス科に属し、わが国のほとんどの成人が既に感染しているありふれたウイルスです。EBウイルスは、乳幼児期には家庭内や保育所で、思春期以降では異性間の交流を中心に、唾液を介してBリンパ球に感染します。


 通常は何の病気も引き起こしませんが、時に伝染性単核症という熱性疾患の原因になります。

稀に、慢性活動性EBV感染症(CAEBV)などの重篤なEBウイルス感染症があります。

重篤なEBウイルス感染症

CAEBV
慢性活動性EBウイルス感染症
種痘様水疱症
種痘様水疱症
蚊刺過敏症
蚊刺過敏症
EBV-HLH
EBV関連血球貪性リンパ組織球症

Our Objects

私たちは以下を目的として活動しています。

活動目的

  • 慢性活動性EBウイルス感染症とその類縁疾患の発症病理(なぜ一部の個体のみ本疾患が発症するのか)を解明する。
  • 医療水準の向上のため、診断基準・ガイドライン・中央診断体制を整備する。
  • 患者のQOL向上のため、体外診断薬開発/保険収載、新規治療法開発、難病指定を目指す。


下記スケジュールに沿って活動を進めています。

研究班の構成

班員は分野を超えて構成されています。

診療従事者・研究者だけでなく、患者代表も加わっています。

研究班は全国を網羅しています。

研究者名簿はこちら。



連絡先

〒466-8550 名古屋市昭和区鶴舞町65

名古屋大学大学院医学系研究科ウイルス学 木村 宏

TEL 052-744-2450 FAX 052-744-2452

E-mail: hkimuraアットmed.nagoya-u.ac.jp