形成外科とは

 


先天性疾患
形成外科領域において対象となる疾患は外表奇形といわれるもので、顔面先天性奇形(唇裂、口蓋裂、顔面裂など)、耳介の先天性奇形(小耳症、埋没耳、副耳など)、四肢の先天性奇形(多指症、合指症など)、体幹の先天性奇形(漏斗胸、ポーランド症候群、臍ヘルニなど)、母斑や血管腫など、生命に直接関与しないものもありますが、手術を望まれる方が増えてきています。

後天性疾患                                            顔面外傷、顔面骨骨折、顔面神経麻痺、難治性潰瘍、褥瘡、瘢痕拘縮、ケロイド、リンパ浮腫、瘻孔治療などに形成外科がかかわっています。                                  

腫瘍切除後の再建                                         腫瘍切除後の欠損に対する再建。腫瘍といっても小さなホクロのような良性腫瘍から頭頸部癌・頭蓋底癌・乳癌・口腔癌・骨軟部癌まで様々な癌切除後の再建を行っております。その切除範囲や部位、機能に関して再建方法は様々です。                                         

美容目的のもの
美の追求によるものいわゆる美容整形といわれる美容外科も形成外科の一分野として分類されていますが、現在は保険診療の対象となっていないため当科では行っておりません。