• 名古屋大学排泄情報センター チャンネルまる

前立腺肥大症

前立腺肥大症とは

前立腺は膀胱の出口にあり、前立腺の中を尿道が通っています。したがって、前立腺が大きくなると、尿道を圧迫して尿の通過障害が起こり、種々の排尿症状がみられますが、この状態を前立腺肥大症といいます。前立腺は男性にしかない臓器で、精液の一部を産生します。前立腺が肥大する原因は不明ですが、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの異常が関与すると言われ、加齢とともに発生頻度が高くなります。前立腺肥大症は前立腺癌とはまったく関連のない病気で、生命にかかわることはまれですが、さまざまな排尿の症状のために、日常生活に支障を引き起こします。

症状について

症状としては、「尿の勢いがない」、「すぐに尿が出ない」、「排尿に時間がかかる」、「尿が途中で途切れる」、「排尿する時に力まねばならない」、などの尿の出にくい症状や、「おしっこの回数が多い」、「夜何回もトイレに起きる」、「急に尿がしたくなって漏れそうになる」、「急に強い尿意をもよおし、トイレまで我慢できずに尿が漏れる」などの膀胱刺激症状がみられます。

治療について

前立腺肥大症の治療は症状の程度によって異なりますが、症状が軽く、ご自身が特に困ることがなければ、経過観察のみでよいこともあります。症状が強い場合には、泌尿器科での治療が必要となります。まずは、薬による治療を行いますが、第一選択の薬は交感神経αブロッカーといい、前立腺の平滑筋を緩めることにより、前立腺による尿道の圧迫を軽減するものです。前立腺による尿道の閉塞を軽減することにより、尿が楽に出せるようになりますが、この薬は膀胱にも作用して、頻尿、夜間頻尿などの膀胱刺激症状も改善させます。薬による治療によっても症状が改善しない場合、残尿(排尿後に膀胱内に尿が残る)が多い場合には手術治療を行います。また、尿閉(膀胱内の尿がまったく出せなくなる)や血尿を繰り返す場合、膀胱に結石ができたり、腎臓の機能が悪くなったりする場合には、薬物治療より手術が選択されます。通常、前立腺肥大症に対する手術は下半身麻酔下、経尿道的に内視鏡によって行われるもので、電気メスにより前立腺を削りとる手術が(経尿道的前立腺切除術)標準手術で、最近ではレーザーを用いた前立腺切除術も行われるようになってきています。