• 名古屋大学排泄情報センター チャンネルまる

腎孟尿管腫瘍

腎孟尿管腫瘍

腎臓は左右ひとつずつある臓器で、腎臓で作られた尿は、腎臓内の腎盂を通って尿管へ流れ、最終的には膀胱に貯留し、尿道を通って体外へ排泄されます。この尿の通り道を尿路といいますが、上部尿路にあたる腎盂と尿管にできる癌を腎盂尿管癌といいます。腎盂、尿管、膀胱の粘膜は移行上皮細胞からなり、腎盂尿管癌の90%以上が移行上皮癌です。
発癌関連因子として、喫煙、化学物質、癌遺伝子、癌抑制遺伝子等が関与しているといわれています。症状としては、80%以上で肉眼的血尿がみられます。腫瘍や凝血塊により尿流が妨げられると、水腎症になり、腰痛、背部痛が現れます。

検査について

診断には以下の検査を行います。(1)尿検査;尿潜血の有無を調べます。(2)尿細胞診;尿中の癌細胞の有無を調べる検査で、癌細胞があると陽性と判定されます。(3)超音波検査;腎臓、膀胱をエコーで観察し、腫瘤の有無、水腎の有無等を検査します。(4)排泄性尿路造影:造影剤を静脈へ注射もしくは点滴し、数枚の腹部レントゲン写真を撮ります。この検査により、尿路が造影されてくるので、腫瘍の有無を確認できます。(5)膀胱鏡検査;膀胱内の内視鏡検査です。尿道口より細い内視鏡のカメラを挿入し、膀胱内の腫瘍の有無、また、左右の尿管口からの出血の有無を確認します。(6)逆行性腎盂造影検査;膀胱鏡下に患側の尿管口から細いカテーテルを挿入し、腹部レントゲン写真を撮りながら、造影剤を用いて直接、腎盂、尿管内を検査します。(7)その他CT検査により、より詳細に尿路を調べたり、リンパ節や他臓器への転移の有無などを検査します。

治療について

治療では、転移がない場合は腎臓、尿管と尿管口周囲の膀胱壁を切除する腎尿管全摘膀胱部分切除術が標準治療です。当院では、術後の入院期間の短縮、疼痛の軽減等の利点を有する腹腔鏡下手術を原則として行っています。多臓器、リンパ節や骨に転移のある場合、抗癌剤を用いた全身化学療法を併用した治療を個々の症例に応じて行っています。
表在癌(癌が筋層まで達していない)の場合、5年生存率は80%以上。浸潤癌(癌が筋層あるいは筋層を越えて浸潤)の場合、5年生存率は30%前後。転移のある場合には、成績が不良です。