• 名古屋大学排泄情報センター チャンネルまる

腎細胞癌

腎細胞癌とは

腎癌は腎臓の実質より発生する腫瘍で、尿をつくる尿細管細胞より発生する腫瘍です。
癌が大きくなると血尿や、痛みを伴うこともありますが、一般的に癌が小さいうちには症状がありません。最近では、健康診断の普及により超音波検査などで発見される腎癌も増加しています。腎癌の発生頻度は成人の癌の2〜3%とされ、男性の方が腎癌になりやすいといわれています。

診断とは

腎癌の診断は、超音波検査、CT、MRIなどの画像検査を組み合わせて行います。腎癌と区別する必要のある腎の良性腫瘍である腎のう胞や腎血管脂肪腫もCT、MRIのときに同時に造影剤の注射を行うことで、大部分の腎癌の診断は可能です。腎癌は、腫瘍の直径が4cm以下のものがStage 1a、直径が4〜7cmのものはStage 1b、7cm 以上のものをStage2と分類されます。Stage3は腎のまわりへ癌の浸潤の強いものとされ、Stage4は癌が他の臓器に転移しているものを言います。腎癌では腫瘍の大きさにより癌の悪性度が悪くなる傾向があり、7cmを超えたものでは手術後に転移が出現する可能性が高くなります。

治療について

腎癌には放射線療法や抗癌剤の治療は有効ではなく、癌が腎臓にだけ限局していれば手術で腎と周囲組織を摘出することが基本治療となります。腎癌の手術は腹部を大きく開くか、側方の肋骨を切除してから行われる手術が一般的で、筋肉の切開を必要とし、大きな傷が残ります。しかし、最近では腹腔鏡技術の進歩により早期の腎癌であれば腹腔鏡を用いて腎を周囲の脂肪組織と共に摘出することが可能となってきました。また、腎癌の治療には手術療法以外にもインターフェロンやインターロイキンという免疫療法も効果があることが知られています。もし、腎癌の診断時に他の臓器に転移していても、もとの腎癌を摘出後に免疫療法を併用することにより転移した腎癌が縮小したり、消失することもあります。