• 名古屋大学排泄情報センター チャンネルまる

膀胱腫瘍

膀胱腫瘍とは

膀胱癌は、泌尿器科領域では、前立腺癌に次いで2番目に頻度の高い癌です。発症年齢は60‐70歳が最も多く、男女比は約3:1と男性に多く見られます。リスク要因として、喫煙、職業性曝露(ナフチルアミン、ベンジジン、アミノフェニル)などが考えられています。膀胱癌は、膀胱粘膜、粘膜下層内に癌がとどまっている表在性膀胱癌と膀胱の筋肉や膀胱外にまで癌が発育した浸潤性膀胱癌に大別されます。表在性腫瘍は高分化傾向(癌の悪性度が低い)で、浸潤性腫瘍は低分化型(癌の悪性度が高い)の傾向があります。

症状と診断

膀胱癌の症状として、検診での尿潜血異常より偶然見つかるもの、症状がない突然の肉眼的血尿、なかなか治らない、繰りかえす膀胱炎(排尿痛、残尿感、頻尿、排尿困難)の検査中に見つかることがほとんどです。
診断には、膀胱内をカメラで見ることが必要です。当院では軟性膀胱鏡を用いており、男性でもほとんど痛みなく検査することが可能です。

治療法のご紹介

膀胱癌には、下半身麻酔での膀胱を温存する経尿道的内視鏡的切除術による治療がまず行われます。
表在性膀胱癌であれば、完全に切除することで根治が可能ですが、腫瘍が多発している場合、表在性でも悪性度が高い場合、粘膜内に存在する腫瘍(CISと言います)では追加治療として膀胱内に薬剤(抗がん剤またはBCG(結核ワクチン))を術後1回または6-8回(1回/週)を再発予防、治療として投与することがあります。また、1-2年以内に50%の方が再発することが知られています。さらに10〜20%の患者さんに再発を繰り返すうちに、より低分化度、浸潤性の癌に進展していく可能性が示されており、手術後は3ヶ月ごとに軟性膀胱鏡で再発の有無をチェックする必要があります。
浸潤性膀胱癌の場合は、膀胱全摘出あるいは、部分切除と言った全身麻酔での開腹手術を必要とすることが多くなります。膀胱全摘出を行った場合は、尿の通り道を変更する必要があり、当院では小腸の一部を利用しての 1.自排尿型代用膀胱(腸管を用いて代わりの膀胱を作って尿道に吻合することにより、手術前のように尿道から排尿することができます)、2.回腸導管造設(尿のでる出口:スト−マをおなかにつくり、尿をためる採尿袋を装着します)を年齢、癌のタイプ、浸潤の程度、患者さんの希望などを考慮して選択しています。大きな負担を伴う手術となりますので、高齢や体の不自由などで手術の負担に耐えられないと判断した場合は膀胱温存療法として、放射線治療や、膀胱へ栄養する血管への抗がん剤投与(動注化学療法)を行うこともあります。
リンパ節や他臓器への転移を伴う膀胱癌では手術の適応ではなくなってしまうため全身への抗がん剤投与(M-VAC療法、GC療法)を行います。最近では吐き気止めの進歩により、軽い副作用でほとんどの方が安全に行うことができます。効果には個人差があり、完全に治癒してしまうもの、不幸にして進行してしまうもの様々です。