1. ホーム
  2. 消化器の病気と治療
  3. 病気と治療(当科の特色)
  4. 胃がん
  5. 胃がんの発見・進行度診断のための検査

胃がんの発見・進行度診断のための検査

発見のための検査

胃X線検査

胃がん(矢印部分)
胃がん(矢印部分)

バリウム(銀白色の金属化合物)を飲んで、X線撮影を行い、胃の内側の細かな病変の有無を確かめます。良性の潰瘍やポリープも発見されます。手術を行う場合は、病変の範囲を確認し、胃の切除範囲を決定するのに重要な検査です。胃の壁の凹凸を表現する検査なので、でこぼこの少ない病変を見つけるには、限界もあります。

内視鏡検査(胃カメラ)

内視鏡(細く、ライトの付いたチューブ)を口または鼻から胃まで挿入して胃の内部を観察します。胃がんの確定診断を行うために重要な検査です。胃の病変を直接観察するとともに、病変の組織を採取し、顕微鏡にてがん細胞の有無や、その種類を調べます。また、凹凸のみならず、色調を含め、粘膜を直接観察するので、小さい病変を見つけることも可能であり、胃X線検査などでがんが疑われた場合の精密検査としても有用です。

超音波内視鏡

先端に小型の超音波断層装置の付いた内視鏡を挿入して胃の病変部を検査します。この検査では、がんの胃壁内の深さや、水平方向への広がりを調べます。

腹部CT検査

胃がん(胃壁の肥厚 赤矢印)/リンパ節の腫脹(黄矢印)
胃がん(胃壁の肥厚 赤矢印)

X線による腹部の断層撮影を行います。この検査では、身体を数mm間隔で輪切りにした像を見ることができるため、他の臓器への転移や、リンパ節への転移の検索に有用です。また、がんが周囲に接する臓器に食い込んでいるかどうかを調べる場合も有用です。

胃がん
名古屋大学医学部附属病院
〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
 TEL 052-741-2111(代表)
 【休診日】 土・日曜日、祝日、振替休日、
年末年始(12月29日~1月3日)

PAGE TOP

メニュー