1. ホーム
  2. 消化器の病気と治療
  3. 病気と治療(当科の特色)
  4. 大腸がん
  5. 大腸がんの進行度

大腸がんの進行度

発見された大腸がんがどれくらい進行しているかを数字で表したものが進行度です。進行度は日本では大腸がん取扱い規約に従って分類されており、深達度(がんの深さ)、リンパ節転移(広がりや個数:N)、他の臓器への転移の有無(肝、肺、遠くのリンパ節、腹膜など:M)の3つの要素の組み合わせにより決定します。

病期:ステージ

深達度

  • 粘膜内に留まるもの:M
  • 粘膜下層に留まるもの:SM
  • 筋層内に留まるもの:MP
  • 筋層を超えるが漿膜表面には露出していないもの:SS
  • 漿膜を超えて腫瘍が露出しているもの:SE
  • 大腸の壁を越えて周囲の組織に浸潤しているもの:Si

深達度がMとSMまでに留まるものを早期がんと言います。腫瘍が腸の壁の外側まで広がると、がん細胞が腹腔内にこぼれて腹膜播種(P)を起こす可能性が出てきます。また、周囲の組織に浸潤するようになる(Si)と、手術の際に浸潤した臓器(膀胱、子宮、小腸、腹壁、前立腺など)を一緒に切除する必要性があります。

大腸がんの深達度

リンパ節転移:N

  • N0:リンパ節転移のないもの
  • N1:リンパ節転移が腸管傍もしくは中間リンパ節に1~3個
  • N2:腸管傍もしくは中間リンパ節のリンパ節転移が4個以上
  • N3:主リンパ節もしくは側方リンパ節に転移があるもの

リンパ節は大腸の壁へ栄養する血管沿いに存在します。大腸近くのリンパ節(腸管傍)もしくは少し離れたところに3個以内の転移であればN1、4個以上であればN2、栄養する血管の根本のリンパ節に転移を認めればN3ということになります。

遠隔転移:M

  • M0:遠隔転移のないもの
  • M1:遠隔転移を認めるもの

肝転移:H

  • H0:肝臓への転移を認めない
  • H1:肝臓への転移が4個以下かつ最大径が5cm以下
  • H2:H1,H3以外
  • H3:肝臓への転移が5個以上かつ最大径が5cmを超える

腹膜転移:P

  • P0:腹膜への転移を認めない
  • P1:近傍の腹膜にのみ播種性転移を認める
  • P2:遠隔の腹膜に少数の播種性転移を認める
  • P3:遠隔の腹膜に多数の播種性転移を認める

以上の因子を組み合わせて、進行度を決定します。大腸がん取扱い規約では以下のように決められています。

進行度(Stage)

H0,M0,P0 H1,H2,H3,M1,P1,P2,P3
N0 N1 N2,N3 M1 (リンパ節)
M 0 -
SM
MP
Ⅲa Ⅲb
SS,A
SE
SI,AI
大腸がん
名古屋大学医学部附属病院
〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
 TEL 052-741-2111(代表)
 【休診日】 土・日曜日、祝日、振替休日、
年末年始(12月29日~1月3日)

PAGE TOP

メニュー