1. ホーム
  2. 消化器の病気と治療
  3. 病気と治療(当科の特色)
  4. 大腸がん
  5. 大腸がんの治療について

大腸がんの治療について

治療方針

外科療法(手術)

現時点では治癒が望める唯一の方法であるため、通常、大腸がんの治療では手術が第一選択となります。大腸がんに対する手術は、がんを含めた腸管をある長さで切除すると同時に、腸管の傍らから身体の中心部へつながっていくリンパ節を切除することを行います。方法として開腹手術と腹腔鏡下手術があります。

腹腔鏡下手術

これまでの開腹手術では、通常約20cmの皮膚切開を行います。しかし腹腔鏡下手術では、径が5mmと12mmの創からトロッカー(細い筒)を全部で4~5本腹腔内に挿入し、そこからカメラを入れ、テレビモニターにお腹の中をうつして、鉗子という腹腔鏡専用の道具を使って手術を行います。最後に約4cmの創をあけ、大腸とリンパ節を取り出し、大腸をつなぎます。

長所

創が小さく済むため、術後の痛みが軽いことや、術後の呼吸機能低下の軽減、創部への癒着が軽減する、術後早期の消化管運動を回復することが挙げられます。このため、入院期間が開腹手術と比べて短くなります。また、カメラで臓器をテレビモニターに拡大して映すため(拡大視効果)、出血の少ない精密な手術ができることも長所として挙げられます。

短所

腹腔鏡手術は開腹手術と比べて新しい手術です。がんに対して現在でている手術の治療成績は開腹手術の成績であり、腹腔鏡手術のがんに対する手術成績については今までわかっていませんでした。欧米では腹腔鏡下手術と開腹手術を比較した成績が出ており、開腹手術と同等であったということがわかっています。日本での研究はまだ進行中で、結果がでるのはまだ少し先のことです。

また、腹腔鏡下手術は直接手で触って手術することができない、視覚はテレビモニターに頼ることになり本来三次元のものを二次元でとらえて手術をすることになるため、開腹手術に比べて技術が必要とされます。

現在、大腸がんに対しての腹腔鏡下手術は、ガイドライン上早期がんにとどめられています。当院の腹腔鏡下大腸切除術では、腹腔鏡手術チームを作り、高い技術を安定して行えるように努力しています。手術の適応も、ガイドラインにあるstage0,Ⅰはもちろんのことですが、患者さまのご希望があれば、それ以上のstageの大腸がんに対しても行っています。

手術後について

肉眼的にがんを完全に切除(治癒切除)できた方でもがんが治ったと言えるのは手術から5年後です。がんが再発するということは手術時に目に見えない細胞のレベルでがんが遺残しており、それが増大してきて検査で指摘され初めて再発したとわかります。このため、手術後は約3~6ヶ月ごとの定期的な検診で再発をチェックすることが重要です。

再発は肝・肺転移、遠隔リンパ節再発、局所(手術したその近傍)、腹膜再発などがあります。再発した場合には、まず手術で再発をとりきることができるかどうかをよく検討し、手術で完全かつ安全に切除できると判断した場合は再度治癒をめざし手術を行います。切除できない場合は放射線治療や抗がん剤投与を検討します。

化学療法(抗がん剤治療)

化学療法は薬剤を用いてがん細胞をおさえる治療のことです。口から服用する方法と静脈内に注射する方法があります。いずれも薬剤が血液の流れに乗って全身のがん細胞に影響します。手術後の再発を予防するために行う場合(補助化学療法)とがんが明らかに身体の中に残っている状態で行う場合があります。

術後補助化学療法

手術でがんを切除できたと思っても、時に目に見えない細胞のレベルでがんが残っていることは否定できず、これが育って大きくなるのが再発です。術後に抗がん剤治療を併用し、この可能性を低くしようという考えで行うのが術後補助化学療法です。どれくらい進行している場合に補助化学療法をした方がよいのかが今までははっきりしていませんでした。しかし、最近ある程度の傾向がわかってきており、リンパ節転移があったStageⅢa・Ⅲb期の場合は補助化学療法をしたほうが再発は少なくなります。一般的には内服の抗がん剤を6ヶ月から1年間使用しています。またStageⅡ期の場合は補助化学療法をするべきかどうか議論のあるところで、現在も様々な臨床試験で検討されています。

手術を行った場合には、必ず取った大腸をよく調べて、正確な病期を判定します。その結果を踏まえ、手術後の体調などいろいろな要素を加味し、担当医とよく相談して補助化学療法を受けるかどうかを決めましょう。

がんが身体の中に残っている場合の化学療法

手術後に明らかにがんが残っている、術後にがんが再発し手術で切除できない、遠隔転移により手術が適応とならない場合が対象になります。補助化学療法と違い、がんを小さくするためには薬の種類も量も多くなり(多剤併用療法)、副作用も起こりやすくなります。2005年に新たな薬剤の併用療法が再発大腸がんに対して保険適応となり、FOLFOX(フォルフォックス)療法やFOLFILI(フォルフィリ)療法と呼ばれる化学療法が第一選択となっています。このため、以前と比較して高い効果、長い予後が期待できるようになりました。

主な化学療法薬

5FU

大腸がんを始めとする消化器がんの化学療法の中心的役割を果たしている薬剤です。飲み薬としては、UFTとLV(5FUの効果を増強させるための補助薬で商品名:ユーゼル、ロイコボリン)の併用や、カペシタビン(商品名:ゼローダ)、TS‐1などが用いられます。注射薬は、昔から様々な消化器がんに使用され、最近でもFOLFOX、FOLFIRI療法等で欠かせない重要な薬剤です。

イリノテカン(CPT-11 商品名:トポテシン、カンプト)

胃がんや肺がんでも広く使用されている薬です。発売から10年以上が経過し、その間にイリノテカンを含む多くの多剤併用療法が検討され、その効果が数々認められています。大腸がんでは5FU+LVと併用して用いられ(FOLFIRI療法)、重要な役割を担っています。

FOLFIRI療法

FOLFIRI療法

※2~3週間ごとに繰り返します

オキサリプラチン(L-OHP 商品名:エルプラット)

オキサリプラチンは白金(プラチナ)系の抗がん剤のひとつです。2005年3月に保険適応になり、FOLFOX療法として重要な役割を担っています。

FOLFOX(mFOLFOX6)療法

FOLFOX(mFOLFOX6)療法

※2~3週間ごとに繰り返します

分子標的治療薬

これまで抗がん剤治療の中心的な役割を果たしてきたのは、化学療法薬でした。化学療法薬はがん細胞を殺す作用によって治療効果を発揮します。一方、分子標的治療薬とは体内の特定の分子を狙い撃ちしてその機能を抑えることにより病気を治療する薬です。がん細胞と正常細胞の違いを分子レベルで解明し、がんの増殖や転移に必要な分子を特異的に抑えることで効果を発揮します。

大腸がんで保険適応とされている分子標的治療薬には、抗上皮増殖因子受容体(Epidermal Growth Factor Receptor = EGFR)抗体と抗血管内皮増殖因子(Vascular Endothelial Growth Factor = VEGF)抗体があります。

EGFは、古くから知られている細胞増殖因子で、がん細胞表面の受容体(EGFR)に結合して、大腸がんの増殖を促進します。いっぽう、現在注目を浴びているVEGFは腫瘍周囲の血管新生を促進し、間接的にがんの増殖をきたします。これらの分子はがんの成長に必要であるため、分子標的治療薬はこれらを抑えることによってがんが成長するのを抑えるのです。

ベバシツマブ(抗VEGF抗体)

ベバシツマブ(商品名 アバスチン)は、2007年6月に保険承認された薬です。がん周囲の血管を整理し、腫瘍血管を減らすとともに抗がん剤が局所へいきわたりやすくなると考えられています。単剤では効果がなく、FOLFIRIやFOLFOX療法に組みあわせて使われます。

ベバシツマブ(抗VEGF抗体)

※2~3週間ごとに繰り返します

セツキシマブ(抗EGFR抗体)

セツキシマブ(商品名 アービタックス)はEGFRをブロックし、がん細胞の増殖を抑える薬で、2008年7月に保険承認されたばかりです。FOLFIRIやFOLFOX療法が効かなくなった後の治療として効果を発揮すると言われています。

放射線療法

放射線療法は放射線をがんの局所に照射してがん細胞を殺す治療です。直腸がんの一部で適応があります。直腸周囲のリンパ節転移が多い場合や切除したすぐ近くまでがん細胞が広がっていた場合に術後照射の追加が考慮されます。肛門に近いがんでは、術前に化学放射線療法(抗がん剤と放射線治療の併用療法)も選択される場合があります。

大腸がん
名古屋大学医学部附属病院
〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
 TEL 052-741-2111(代表)
 【休診日】 土・日曜日、祝日、振替休日、
年末年始(12月29日~1月3日)

PAGE TOP

メニュー