1. ホーム
  2. 消化器の病気と治療
  3. 病気と治療(当科の特色)
  4. 大腸がん
  5. 大腸とは

大腸とは

大腸とは、右下腹部の小腸終末部から、肛門に至るまでの1~1.5mの管腔の臓器です。大きく結腸と直腸に分かれます。結腸の走行は右下腹部から始まり、右上腹部へ上行し(上行結腸)、そこから左上腹部へ向かって身体を横断し(横行結腸)、左上腹部から左下腹部へ下行(下行結腸)、S字に屈曲して(S状結腸)直腸に至ります。直腸はS状結腸から肛門までの約20cmの部分を指します。

大腸では、細菌による食物繊維の発酵、及び一部の栄養素の吸収と水分の吸収が行われ、残りは便として、肛門へと送っていく働きがあります。大腸は、内側から粘膜、粘膜下層、筋層、漿膜層の4つの層で構成されています。

大腸がん
名古屋大学医学部附属病院
〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
 TEL 052-741-2111(代表)
 【休診日】 土・日曜日、祝日、振替休日、
年末年始(12月29日~1月3日)

PAGE TOP

メニュー