1. ホーム
  2. 消化器の病気と治療
  3. 病気と治療(当科の特色)
  4. クローン病

クローン病

口腔から肛門までの消化管全域に非連続性の炎症および潰瘍を起こす原因不明の疾患で、潰瘍性大腸炎とともに炎症性腸疾患に分類され、厚生労働省の特定疾患に指定されています。

本疾患における病変は消化管壁の全層におよび、進行すると腸管の狭窄(腸管が狭くなる)、穿孔(腸管に穴があく)、瘻孔(ろうこう;腸管から他の臓器・組織に別の道をつくる)、膿瘍(腸管の外に膿がたまる)などをきたすことがあります。

疫学

現在日本では2万人以上が罹患しているとされています。若年層での発症が顕著で、若干男性に多い傾向を認めます。

原因は、さまざまな遺伝的素因、免疫系の異常、食餌(動物性蛋白質や脂質など)や喫煙などの環境的因子が関係しているのではないかと考えられています。

炎症性腸疾患:Inflammatory bowel disease (IBD)

炎症性腸疾患:Inflammatory bowel disease (IBD)

症状

腹痛、便通異常(特に頻回の下痢)、発熱、体重減少、肛門症状等々、症状は炎症の部位や合併した病態により多岐にわたります。

分類

1. 病変部位による分類

  • 小腸型:小腸のみに病変がある。
  • 大腸型:大腸のみに病変がある。
  • 小腸大腸型:どちらにも病変のある。

2. 病態による分類

  • 狭窄型:腸管に狭窄を生じるタイプ。
  • 穿通型:腸管に瘻孔や穿孔を生じるタイプ。

一般に「穿通型」のほうが重症であることが多いとされています。

3. ウィーン分類

発症時年齢、病変の局在、病態による分類

検査所見

反復する腹痛や下痢などの腹部症状に加え、肛門部病変が認められる場合には本疾患を疑う必要があります。諸検査所見には以下のようなものがあります。

  1. 血液検査

    炎症所見上昇(白血球数、CRP等の上昇)、貧血(赤血球、ヘモグロビン等の低下)、栄養状態悪化(アルブミン、総蛋白、総コレステロール等の低下)など。

  2. 消化管造影検査

    腸管の狭窄、腸管に沿って続く潰瘍(縦走潰瘍)、敷石状の潰瘍などがみられることがあります。

  3. 内視鏡検査

    胃や大腸内視鏡検査に加え、従来直接観察することが難しいとされていた小腸の内視鏡検査が一部の施設では可能となっています。直接病変を観察することが可能であることに加え、組織検査(生検)も行うことができるため、クローン病の診断に最も重要な検査のひとつです。また、狭窄部を内視鏡下で拡張できる場合もあり、治療にも有用である事があります。

治療

治療の詳細はこちらをご覧ください。

病気と治療(当科の特色)
名古屋大学医学部附属病院
〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
 TEL 052-741-2111(代表)
 【休診日】 土・日曜日、祝日、振替休日、
年末年始(12月29日~1月3日)

PAGE TOP

メニュー