1. ホーム
  2. 消化器の病気と治療
  3. 病気と治療(当科の特色)
  4. 胆道がん
  5. 胆道とは

胆道とは

胆道癌取扱い規約第6版
  • 胆道とは、肝臓で作られた胆汁が十二指腸に至るまでの全経路を意味します。胆汁は、肝細胞で生成される消化液で、脂肪の消化吸収を助ける役割を持ちます。胆道の生理機能は、胆汁の貯留と十二指腸への移送です。

  • 胆道は、胆汁を移送する「胆管」、途中で胆汁を一時的に貯留しておく「胆嚢」、十二指腸への出口である「十二指腸乳頭部」に区分され、さらに胆管は、肝臓の中を走行する「肝内胆管」と肝臓の外に出てから十二指腸までの「肝外胆管」に区分されます。

胆道がん
名古屋大学医学部附属病院
〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
 TEL 052-741-2111(代表)
 【休診日】 土・日曜日、祝日、振替休日、
年末年始(12月29日~1月3日)

PAGE TOP

メニュー