1. ホーム
  2. 消化器の病気と治療
  3. 抗がん剤治療
  4. 手術と組み合わせて行う抗がん剤治療

手術と組み合わせて行う抗がん剤治療

抗がん剤には、癌細胞の増殖を抑えたり、再発や転移を防いだりする効果があります。手術治療や放射線治療が、癌に対する直接的・局所的な治療であるのに対し、化学療法では、より広い範囲に治療の効果が及びます。手術治療に抗がん剤治療を組み合わせて行うことで、治療の効果を高めることが期待できます。

手術の前に行う場合(術前化学療法)

がんと診断されたら、一刻も早くがんを切り取ってほしいと考えるのが当然でしょう。しかし、がんが大きくて完全に切除することが難しい場合や、がん自体はさほど大きくないものの、周囲の臓器や神経などを傷つけてしまうような場所にある場合などには、まず抗がん剤治療を行うことがあります。これは「術前化学療法」と呼ばれる方法で、がんを小さくしたり進行を遅らせたりすることで、その後の治療を行いやすくするという意味があります。放射線治療を組み合わせて治療効果を高めることもあります。また、目に見えない検査でわからないぐらい小さながん(微小転移)を手術の前に死滅させることで、手術後のがんの再発をおさえ、その結果治癒する可能性が高まるとも考えられています。ただし「術前化学療法」は、がんの種類によって、食道がんのようにその有効性が認められているものもあれば、胃がん、大腸がんや膵がんのようにまだ臨床試験でその有効性を検証している途中のものもあります。詳しくは担当医にご相談ください。

手術で肉眼的にはきれいにとりきれた場合(術後補助化学療法)

手術でとりきれなかった場合、明らかに取り残したがんを抗がん剤で治療することがあります。そのような場合の治療については、「手術で切除できないか、明らかに取り残しがある場合の抗がん剤治療」の項をご覧ください。「消化器がんを治すには」の項でご説明したように、がんが治るには、手術できれいにとりきれることが必要ですが、その場合も、目に見えない検査でわからないぐらい小さながん(微小転移)が残っている場合と残っていない場合があります。こうした微小転移が存在すると仮定して、これに対して行う化学療法を術後補助化学療法とよび、「手術で切除できないか、明らかに取り残しがある場合の抗がん剤治療」とは明確に区別する必要があります。ここでは術後補助化学療法についてご説明します。

手術後にがんが残っている場合でも、それが非常にわずかであれば、体に備わった抵抗力が勝り、がんは死滅する可能性があります。残ったがんがある程度の大きさになれば、もはや死滅することはなく、やがては命に関わるようになります。従って、術後にがんが非常にわずかに残っている段階で、積極的に抗がん剤で治療することが、がんに対するより確実な治療となります。

ただし、がんの種類によって、胃がん、大腸がんや膵臓癌のようにその有効性が認められていているものもありますが、さらなる効果を期待して、新たな抗がん剤のくみあわせでその有効性を臨床試験で検証しているものもあります。

手術で切除できないか、明らかに取り残しがある場合

手術によってすべてのがん細胞をとりきることができない限り、がんを治すのは困難です。したがって、がんのために胃や腸がつまってしまい食べられない場合や、がんからの出血でお困りの場合を除き、CT検査やPET検査などで手術でとりきれない明らかな転移が見つかった場合には、手術を行う意味はあまりないとも考えられます。

しかし、残念ながら、現時点では消化器がんを抗がん剤のみで治すのは非常に困難です。したがって、抗がん剤が「効く」という表現を医師が用いる場合、それはがんが治るということではなく、ある大きさをもったがんが小さくなることを意味します。一般的に、抗がん剤治療を行う場合、その治療の効果を判定する検査を定期的に行い、効果を見極めることが重要です。効果がない治療を行うことは、無駄なお金をかけて体力を消耗するばかりです。効かない治療を無闇に続けているうちに病気の進行や副作用でからだを壊してしまったら、もし現在の薬以外にも効く可能性のある薬が存在するのであれば、その薬で新しい治療を試みる機会を失うことにもなりかねません。個々の患者さんの病状、体力に合った抗がん剤治療を行い、がんの進行を少しでも遅らせることを目指していくことがとても重要になります。

抗がん剤治療
名古屋大学医学部附属病院
〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65番地
 TEL 052-741-2111(代表)
 【休診日】 土・日曜日、祝日、振替休日、
年末年始(12月29日~1月3日)

PAGE TOP

メニュー