製薬会社の方へ

申請から薬事委員会審議までの流れ


T.申請

申請の締切日は原則、薬事委員会開催月の前月第2金曜日となります。
締切日までに、資料等を薬品情報室までに必ずご提出下さい(厳守)。
申請に必要な資料・書類について

U.ヒアリング

申請締切日の翌週に、薬事担当副部長とのヒアリングを行います。
詳細な日程は、薬品情報室にお問い合わせ下さい。

V.薬事委員会審議(申請)

申請診療科(部)の薬事委員の先生に、申請された医薬品についてご説明いただきます。
薬事委員不在の科(部)につきましては、申請者の先生よりご説明いただきます。
(医薬品の概要、採用を必要とする理由、削除候補医薬品等)

1.院内への採用申請の場合

@ 試用採用(図1)・・・薬事委員会(申請)の翌月1日から4ヶ月間が試用採用期間となり、オーダーが可能となります。
臨床試用成績調査期間は、薬事委員会(申請)の翌月1日から翌々々月20日までの80日間となります。その間の臨床成績および使用量等の実績に基づき、次々回薬事委員会(承認)にて正式に採用を決定します。

A 切替採用・・・切替削除医薬品の院内在庫がなくなり次第、切替採用となり、オーダーが可能となります。その際は、院内に案内を配布します。
試用期間はありません。

2.院外専用の採用申請の場合(図2)

薬事委員会(申請)の翌月1日より、院外専用採用となり、オーダーが可能となります。

W.薬事委員会審議(承認)
※試用採用医薬品のみ

申請診療科(部)の薬事委員の先生に、『臨床使用成績報告書』に基づき、申請医薬品についてご説明いただきます。
薬事委員不在の科(部)につきましては、申請者の先生よりご説明いただきます。
(使用量、効果、有害事象等)
審議の結果、「採用」となった場合、薬事委員会(承認)の翌月1日より正式採用となります。

◆上記に関するお問合わせ先
〒466-8560 名古屋市昭和区鶴舞町65
名古屋大学医学部附属病院 薬剤部 薬品情報室
TEL:052-744-2680  FAX:052-744-2685
drug-information@med.nagoya-u.ac.jp