薬剤部紹介

薬剤部 各室の紹介

薬剤部は、東病棟1階に位置し、適正な薬物療法を支援するために、医薬品の管理、供給、情報の提供および患者さんへの服薬指導を行っています。患者さんにとってより安全で有効な、また経済的にも優れた薬物療法を提供できることを目標にしています。

調剤室

調剤室

調剤室では、外来患者さん、および入院患者さんのお薬を調剤しています。複数の診療科からお薬が重複して処方されていないか、飲み合わせの悪いお薬がないかなど、処方箋の内容をコンピューターシステムを用いてチェックするとともに、複数の薬剤師の目でも確認しています。また、医薬品の品目・数量についても複数の薬剤師で確認し、調剤過誤(調剤まちがい)が起きないよう細心の注意を払っています。お薬の効能や服用の際に注意していただきたい事項を記載した文書をお渡しできます。希望される場合は、処方医にお伝え下さい。

注射調剤室

薬品管理室(注射室)

注射調剤室では、注射薬の取扱いを行っています。入院患者さんに処方された注射薬を、1日分ずつセットをして病棟へ供給します。複数の薬剤師で、品目・数量、投与経路・投与量・投与速度、混合しても問題ないかなどをチェックします。また、病棟や外来の診察室に配置している注射薬を定期的に点検し、品質や有効期限のチェックを行います。

一般製剤室・無菌製剤室

一般製剤室、無菌室は、ヘパフィルターを設置した陽圧管理構造となっており、外気はフィルターを通してのみ室内に入る構造になっています。院内で使用される医薬品、検査薬、消毒薬などのうち、一般には市販されていない軟膏、水薬、粉剤などを、空気中のほこりや細菌の少ない環境下で調製します。点眼薬や注射薬などは、さらにクリーン度を高めた無菌製剤室のクリーンベンチ内で調製します。また、食事が摂れない患者さんに対して栄養となる高カロリー輸液を、その組成が病態に適正なものであるかどうか確認した上で無菌調製します。抗がん剤に関しては、副作用を防ぎ安全な治療が行うために、適応がん腫、投与量、投与スケジュール、生化学検査値などを確認した上で無菌調製します。

外来化学療法室

外来化学療法室

外来患者さんが抗がん剤の点滴を受ける外来化学療法室では、薬剤師が抗がん剤の調製を行い、また、抗がん剤の投与量が適正かどうか、副作用が出ていないかをチェックしています。さらに、患者さんにお薬の効果や副作用、治療中に注意していただきたいことなどについてご説明しています。薬剤師もチーム医療の一員として、医師、看護師とともに患者さんが安心して抗がん剤の治療を受けることができるよう、努めています。

試験室

試験室

試験室では、血液中の薬物の濃度を測定し、有効な濃度であるか、または副作用が発現してしまう濃度でないかをチェックしています。測定するお薬は、吸収・分布・代謝・排泄といった個人差の影響を受けやすいもの、血液中の有効な濃度域が狭いもの(投与量の調節が難しいもの)などです。また、必要に応じて検査結果や病態を基に、病棟担当薬剤師や院内の感染対策チームと連携しながら、適切な投与方法・投与量を医師に提案し治療に役立てていただいています。

現在、試験室で測定しているお薬は、抗菌薬(バンコマイシン、テイコプラニン、アルベカシン、アミカシン、ゲンタマイシン)、免疫抑制薬(ミコフェノール酸モフェチル)、抗腫瘍薬(メソトレキサート、ブスルファン)などです。さらに、個々に合わせた最適な薬物療法が行えるように薬物血中濃度測定法の開発にも取り組んでいます。

薬務室

薬務室は、名大病院内で使われるすべてのお薬の購入窓口であり、患者さんに必要とされるお薬を、納入業者(医薬品問屋)を通じて医薬品メーカーより購入しています。また、薬剤部の薬品が在庫切れを起こさないよう、また過剰在庫とならないよう、管理しています。

薬品情報室

薬品情報室では、薬物治療におけるお薬の適正な使用方法や副作用の情報、新薬についての情報など、さまざまな情報を収集・管理しています。患者さん、および医師をはじめとする医療従事者からのお薬に関するお問い合わせに対応しています。また、電子カルテシステムにおいて、お薬に関する情報のメンテナンスを行っています。さらに、名大病院で取り扱うお薬の採用、不採用を決定する委員会(薬事委員会)の事務局を務めています。

薬歴管理室

薬歴管理室

全ての病棟に担当薬剤師がいて、患者さんが入院前に服用していた薬剤の確認、入院後に開始される薬剤の説明、退院時のお薬手帳を用いた調剤薬局との連携などに関わっています。病棟薬剤師は医師・看護師と協力しながら患者中心のチーム医療に参加して役割を担うことで、全ての入院患者さんに安全・安心で質の高い薬物療法が提供できるよう努めています。入院中にお薬について不安や疑問・相談などがございましたら、いつでもお気軽にお声をかけてください。

高度医療薬剤支援室

ICU(集中治療室)、NICU(新生児集中治療室)ではチーム医療の一員として医師、看護師、臨床工学技士などと共に、急激な全身状態の変化に対して適切な薬物投与がされることを支援しています。薬の提案や使い方の確認、麻薬を含む様々な薬の在庫管理を担当し、NICUでは注射薬を薬剤師が無菌的に調製しています。

医薬品安全管理支援室

医薬品安全管理支援室では、より安全で質の高い医療を提供できるよう、薬剤部におけるインシデント情報の集積と分析、事故予防策の検討を行い、部内へのフィードバックを行っています。また、医療の質・安全管理部との検討会では、院内全体での医薬品に関連するインシデントの検討を行い、薬剤師の観点から医療安全にかかわっています。

お薬相談窓口

お薬相談窓口

お薬相談窓口では、外来患者さんへの院外薬局のご紹介や、お薬に関するご質問などを受けております。お気軽にご相談下さい。
(受付時間:平日8時30分〜16時45分)