名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科:乳腺-治療-抗癌剤治療の適応
名古屋大学医学部付属病院 乳腺・内分泌外科 ・ 名大病院へもどる サイトマップ トップへ戻る ・
・
・
・
診察内容のご案内
扱っている病気
乳腺
甲状腺
副腎
副甲状腺
多発性内分泌腺腫瘍症
膵内分泌腫瘍
Q&A
乳癌
甲状腺癌
副腎
副甲状腺
多発性内分泌腺腫瘍症
膵内分泌腫瘍
その他
・
文書類閲覧
・
リンク集
・
手術を受けられる患者様へのお願い
・
・
このページをご利用の方へ
・

トップ乳腺とは治療>抗癌剤治療の適応

前のページへ戻る

抗癌剤治療の適応

抗癌剤を使う状況としては、薬物療法術後に再発予防のために補助的に使う(術後補助療法)、転移のある乳癌や再発乳癌に対する治療として使う、術前に使ってから手術する(術前化学療法)、などの使い方があります。

化学療法剤(通常点滴で投与されます)を術後の再発予防のために使用するのは、概ね以下のいずれかを満たした場合です。(個々の患者さんの状態により変更があります。)

  • リンパ節転移があった場合
  • 35歳未満
  • リンパ節転移が無くても女性ホルモン感受性が無く、病理学的(顕微鏡の検査)に悪性度が高いと判定された場合
・
・

Copyright© 2005, Nagoya University Hospital. All rights reserved.

医師紹介

病棟紹介

外来案内

入院案内