鍋島俊隆名誉教授が「国際神経精神薬理学会CINPのパイオニア・アワード」を受賞しました - ニュース&イベント | 名古屋大学大学院医学系研究科・医学部医学科

ニュース&イベント

Back
Top > ニュース&イベント > 鍋島俊隆名誉教授が「国際神経精神薬理学会CINPのパイオニア・アワード」を受賞しました

鍋島俊隆名誉教授が「国際神経精神薬理学会CINPのパイオニア・アワード」を受賞しました

 令和3年1月6日、本学の鍋島俊隆名誉教授(医療薬学)に国際神経精神薬理学会CINPよりパイオニア・アワードが授与されました。
 CINPのパイオニア・アワードは、神経精神薬理学の分野で多大なる貢献をしたと国際的に認知された研究者に贈られる賞です。

【受章理由】
 神経精神薬理学の基礎分野において、アルツハイマー病や統合失調症などのアンメットメディカルニーズの高い神経精神疾患の動物モデルを開発し、病態メカニズムの解明や新規治療標的の同定などの業績を挙げました。これらの動物モデルは創薬に応用されました。

nabeshima_photo210119.jpg