研修医の皆さんへ | 腎臓内科後期研修医

後期研修・腎臓内科専門医研修プログラム概要

腎臓内科専門医養成プログラムに基づく後期研修レジデント

名古屋大学医学部腎臓内科では、卒後2年間の臨床研修を修了したあと、腎臓内科専門医をめざそうとする若手医師を対象に、腎臓内科専門医養成プログラムに基づく後期研修レジデントを募集します。

希望に応じて、大学病院コースと関連病院コースのいずれかを選び自分に合った病院で後期研修を行うことができます。 後期研修終了後はそれぞれの将来設計に合わせた進路を提供します。 ご興味のある方は、後期研修医募集要項をご覧いただき、お問い合わせください。

なお、このプログラムは医局運営方針に基づいています。

「血液透析」について 2.関連病院コース 後期研修プログラム 1.大学院コース

後期研修プログラム

対  象 卒後2年の臨床研修終了認定を受けた(あるいは修了見込みの)医師。(卒後4年目までは受入可)
期  間 大学病院1〜2年間(関連病院2〜3年間)、関連病院3〜4年間
研修目標 一般内科医としてまた腎臓内科専門医として最低限必要な知識・技能の習得。
プログラム 名古屋腎臓内科専門医養成プログラム(NNFP:Nagoya Nephrology Fellowship Program)(NNFPの詳細についてはこちらをごらんください)に基づいた後期研修を提供します。
3〜4年間で腎臓内科専門医資格の取得と専門医に必要な最低限の臨床的能力を修得することを目標とします。
名古屋大学では全国に先駆けて腎臓内科専門医養成プログラを立ち上げ、名古屋大学医学部腎臓内科と関連病院が一体となってNNFPを運営・実践しています 。

1.大学病院コース

初期研修後、1〜2年間大学病院、2〜3年間を関連病院で研修します。
大学病院での後期研修ではまず一般内科医として必要な知識・技能を身につけて頂きたいと考えています。 一定期間、ICU研修、救急医療、総合診療部をはじめ他科での基礎研修を用意しています。

研修内容は希望に応じて柔軟に編成することが可能です。
その後、腎臓内科において糸球体腎炎症例や慢性腎不全症例をはじめ、急性腎不全、糖尿病性腎症、膠原病など豊富な症例をもとに密度の濃い後期研修を提供します。
特に慢性腎不全治療に関しては、血液透析、腹膜透析、腎移移植の3本柱を十分に研修して頂きます。

関連病院に関してはNNFPの研修プログラムに基づいて指導できる体制のある病院とします。
関連病院での後期研修では、腎臓病一般、特に大学病院では症例の少ない慢性維持透析患者や腎移植患者の管理を主に研修することとします。研修先の関連病院はリストを参照してください。

また、この後記研修プログラムを通じて、日本内科学会・日本腎臓学会・日本透析医学会・日本リウマチ学会などの認定医・専門医を修得できるように研修を行う。

身分は、大学病院在籍中は名古屋大学医学部附属病院医員(各種保険あり)、関連病院在籍中はレジデントもしくは正職員となります。

2.関連病院コース

初期研修後、3〜4年間、関連病院で後期研修を行います。 研修先の関連病院はリストを参照してください。

本コースは、腎臓内科専門医を志望する若手医師(後期研修医)を対象とし、専門医教育(原則3年間の後期研修)を関連病院(研修指定病院)において実施するものである。名古屋大学腎臓内科では患者様が満足できる腎臓病診療を提供できる臨床医を養成するため、地域の大学や研修指定病院が中心となって統一したカリキュラムを立案し、それを継続的に実行、評価するプログラム(Nagoya Nephrology Fellowship Program;NNFP)を構築している。後期研修医は原則このNNFPに参加する。NNFP参加者は年2回のワークショップに参加し、意思決定の過程を体験するとともに、後期研修医間の交流を図る。このワークショップへの参加と、研修記録を提出することで、NNFP修了証が与えられ、同時に本コースを修了したものと認定される。