医局案内

名古屋大学医学部腎臓内科医局運営方針

名古屋大学腎臓内科は医局として、医局員の先生方がより良い医療を実践できるよう支援していくことを考えています。医局運営に関しては透明性と公平性の確保を第一に考えていきます。
医局運営の基本方針を以下にお示しします。

1.帰局までのキャリアパス

初期研修 2年間
後期研修・腎臓内科専門医研修 3〜4年間
帰局 大学院入学、または医員として(卒後6〜8年目を目安に)

<大学院生コース>

原則として大学院コースをお勧めしています。コースとしては以下の3種類です。

腎臓内科コース 1年間の前期赴任(社会人大学院)後、3年間腎臓内科で研究
基礎医学コース 1年間の前期赴任(社会人大学院)後、3年間基礎医学教室で研究
または、4年間基礎医学教室で研究(個別対応)
臨床研究コース 1年間の前期赴任(社会人大学院)後、続けて3年間社会人大学院生として大学で医員として臨床研究

その後、(1)関連病院への赴任、(2)大学での診療・研究続行、(3)国内・海外への留学、(4)その他、個別相談可能。

 

<医員コース>

大学院コースのキャリアパスに当てはまらない医局員に関しては医員コースも用意しています。内容については個別に相談してください。

希望により博士号取得も可能です。

 

<関連病院コース>

原則、大学に帰局しないという選択枝はありません。
しかし、個別の事情により関連病院間での異動は相談に応じます。

 

※基本原則は公平性です。
若手医師には複数の病院を経験することを勧めています。いずれのコースを選択した場合でも、3年間の腎臓内科専門医研修修了後は他の病院に移動して腎臓内科専門医として1〜2年間研修することを原則とします。個人の希望や事情のため移動する病院が他の医局員と公平性を欠く場合は留学や帰局時期が遅れる場合があります。
※ただし、将来研究者をめざす者はなるべく早い時期(6年目以内)に研究が開始できるよう配慮します。その際、他の病院に移動しての研修は大学院修了後に行う可能性があります。
※腎臓内科のキャリアパスは入局時をもってスタートします。
※女性医師に対する支援は別項に記します。
※本方針は当面弾力的に運用する予定です。

キャリアパスのシェーマ

◆大学院コース@、A(腎臓内科コース、基礎医学コース)

(A) 通常コース

(B) 早期入学コース

◆大学院コースB(臨床研修コース)

 

※現時点でのキャリアパスです。
  状況に応じて対応しますが、原則としてこれに準じてキャリアパスを進めていきます。

大学院超早期入学4年目の場合は前期赴任を留学後や後期赴任と合わせて行います。
医員コースの前期赴任は1−2年および医員は1−3年となることがあります。

2.入局に関して

病態内科学全体の方針として、3年目3月までの入局をお願いしています。羊纜会(同門会)での新入局者紹介や人事の関係上、当医局としては、できれば3年目の12月までに入局することをお願いしています。
原則として、4年目以降に腎臓内科専門医研修を続けるためには入局が必要となります。
それ以降の入局者に関しては個別に対応します。

進路(帰局・赴任)に関しては、本人の希望に加え入局時期も考慮して決定します。

 

3.医局員に対する支援

腎臓内科医局としては、医局員の先生方の実地医療・医学教育・医学研究等を総合的に支援する体制を整備していく方針です。具体的には、以下の4事業があげられます。

  1. 臨床医学および基礎医学に関する研修支援
    名古屋大学医学部腎臓内科では、どの病院で後期研修を行っても十分な研修ができるよう、3年間で腎臓内科専門医を養成するための統一したプログラム(Nagoya Nephrology Fellowship Program)を構築し、企画・運営・実行しています。(詳細はNNFPのページをご参照ください。)臨床勉強会や腎病理検討会を随時企画・運営しています。基礎医学に関しては、海外および国内の一流研究者を招いた研究会を随時企画・運営しています。
  2. 臨床家としてのスキル・アップをサポートする国内外の医療施設への留学支援
    これまでに総計5名が米国、オランダ、スイスに長期(1〜2年)あるいは短期(2〜3ヵ月)の海外留学をしています。国内では膠原病臨床研修目的で現在1名を神戸大学に派遣しています。
  3. 研究者としてのスキル・アップをサポートする国内外の研究施設への留学支援
    最近3年間で米国・欧州の一流研究機関へ8名の海外留学をサポートし、現在も2名が海外留学中です。来年は2名の海外留学を計画しています。
  4. 労働環境を整備するための支援
    医局員が腎臓内科専門医として十分な活動が続けられるよう、その労働環境整備に関して医局として対応します。第一には各病院における腎臓内科専門医の人員確保が必要だと考えています。原則としてひとり赴任の病院はないようにします。やむを得ず常勤医の確保が困難な施設に対しては非常勤医師の派遣で診療を支援します。また、給与面、労働時間を含めた労働環境全般に関しても、十分な整備がなされるよう医局として交渉・支援します。さらに、リスクマネージメントに関しても医局として全面支援します。具体的には、医局員に予期せぬトラブルがあった場合、当該病院と連携して医局として責任を持って対応致します。(非入局の医師に関しては医局からの直接的な支援は困難です。)

4.地域医療に対する貢献

地域医療の貢献も名古屋大学腎臓内科に与えられた責務です。地域医療の貢献はすべての医局員の協力によって成り立っています。医局としてはすべての医局員の負担が公平になるように配慮しています。原則として、遠方の地域医療に短期間貢献して頂きます。留学・結婚・出産・子育てなどのため遠方の地域医療に貢献できない場合は、近郊の地域医療に一定期間貢献して頂きます。

5.後期赴任に関して

後期赴任可能な人数は年毎に変動します。現状ではすべての病院に一様に人員を補充することは困難です。後期赴任先の病院に関しては、優先順位をつけざるを得ません。腎臓内科の人材交流方針は以下のように考えています。

  1. ひとり赴任の病院をなくすこと
  2. 地域のニーズを考慮する
  3. アクティビティー(臨床・教育・研究)が高い病院を優先する
  4. 腎臓内科志望の研修医が多く入る病院を優先する