医局案内

腎臓内科のポリシー・概要

科のモットー

私たちは、診療の際には、患者様の状態や、必要な検査・治療について、わかりやすく説明を行い、特に治療については、正確な根拠に基づいた情報を慎重に検討してから、患者様とご家族に対して、十分理解を得た上で実践することをモットーとしています。

診療の特徴

私達の科は主に腎炎・ネフローゼ、腎不全、糖尿病性腎症などの腎臓病、高血圧症の診療に当たっています。
また、膠原病・リウマチ性疾患の診療も行っています。その他に、透析、血漿交換などの血液浄化療法、特殊なファブリー病などの酵素補充療法も行っています。
腎移植については、当院では泌尿器科が移植手術を行っています。
私たちの科は泌尿器科の先生と連携しながら対応しています。
大学病院には東海地方にある約20箇所の関連病院で実施された腎生検組織(年間約400例)が集められ、その診断と治療方針の助言も行っています。

診療体制

私たちの科は、約10名の常勤医および非常勤医で構成されています。 皆他の病院でトレーニングを積み、腎臓内科専門医が中心となり診療に当たっています。 私たちに研修医が診療に加わりますが、大学病院として研修医を教育・指導しながら腎臓内科専門医の育成も行っています。